FC2ブログ

参加される方へ《お願い》

2018.06.13.11:08

どあい冒険くらぶ からのお願い


≪山道での徐行≫
どあい冒険くらぶの活動拠点である『黒沢どあい自然公園』は、舗装路から山道を入ったところにあります。 この道が、狭い上に見通しの悪いところもあり、勢いよく車を走らせていると、衝突事故も起きかねません。 現に、事故には至らなくても、怖い思いをされた方もいらっしゃいます。距離はさほどでもありませんので、徐行を原則に、見通しの悪いところではクラクションを鳴らす等、安全に気をつけて運転なさってください。


≪集合、解散時刻≫
上記のこととも重なりますが、道が狭く、ほとんどすれ違いができません。朝の受付後に帰ろうとした車と、遅れた方の車がバッタリ!・・・ということにもなりかねませんので、集合・解散時刻をお守りください。
尚、公園前の道は、そのまま通り抜けると、山麓線といわれる道に抜けられます。覚えておいていただくと、イザという時に役立ちます。



≪動植物の採取について≫ ~春から夏にかけて参加された方へ~
 これから暖かくなり、カエル、トンボなど色々な生物に出会う機会も増えます。この先もクワガタやカブトムシなど、魅力的な生き物に出会う場面が増えてきます。
基本的に、活動中も含めて、虫などの生き物を捕まえることに反対はしません。むしろ、五感を使って命に触れる絶好の機会だと思います。おうちにもって帰って大事に飼うことも素敵な経験だと思います。
ただ、少し考えて欲しいことがあります。
本当に大事にできますか? 
虫は物ではありません。命です。
欲しいからとる。たくさんとる。 
他の人のこと、虫たちのこと、考えてますか?
私は県外出身者ですが、こちらに来て、三郷小倉の友人からこんな話を聞きました。
「昔は、俺らもよく虫捕りしたなぁ。それで虫かごで飼うんだけど、お盆の頃、虫をみんな山に帰したんだ」。
地元民の知恵・文化・しきたりというものの奥深さに、身が震えました。 
・・・かく云う私も、散々虫を死なせてきた人間です。えらそうに言えることは何もありません。 一緒に考えていきたいと思います。ご家庭でも話してみて頂けるとありがたいです。


≪どあい冒険くらぶの活動における、服装および装備について≫

毎月のご案内(次回の活動予定)でも簡単にお知らせしていることですが、中には忘れてしまったのか、さほど意識されていないのか、野外活動を行なうのに充分でない服装・装備で来られる方が見受けられます。
野外活動の世界では、活動が楽しくなるための3大要素と言われるものがあります。
『フィールド』、『仲間』、そして『装備』です。
これから、活動もアクティブなものへと移っていきますので、その必要性・理由をお知らせさせて頂きます。活動中の様子をお子様とお話いただき、安全等について考える参考にしてください。

○ レインウェア(雨合羽)
  ポンチョや、長めの上着タイプのものでも雨はしのげますが、活動のしやすさを考えると、上下別タイプのものが望ましいです。防水透湿性のものがあると快適です。ゴアテックス等の高価なものでなくて結構です。
○ くつ
深い川に入ってしまうと、元も子もありませんが、多少の水や汚れを気にせずに歩ける長靴がいいです。ヤブのトゲや、ヘビの害からも守ってくれます。
普通のくつも、予備として持っていれば安心です。
○ 帽子
直射日光はもちろん、藪の中を歩く時にも頭を守ってくれます。ただし、黒っぽいものは、蜂が襲ってくる危険があるので、避けてください。
○ 長袖・長ズボン
素肌の露出は怪我の元。帽子同様、黒っぽいものは避けましょう。
○ 手袋
寒さ対策だけでなく、森の探検や調理の時にも必要です。軍手でOK。あれば予備も。
○ リュックサック
両手が自由に使えるので、いざという時にも対応がききます。荷物が全て入る大きさのものをご用意下さい。ザックカバーもあると便利です。防水性のある生地で手作りしてもいいですね。ビニール袋をかぶせたり、中のものをビニール袋に包むのも有効です。

全て高価なものでなくて構いません。また、全ての服・持ち物に記名をお願いします。

● リュックの中には、水筒、着替え、雨具などの他、タオルとスーパー等のビニール袋が数枚あると、色々使えて便利です。
● 毎回、切った野菜をお持ち頂いています。名前を書いたチャック付きのビニール袋(ジップロック等)やタッパー等に入れて頂けると、お返しできてゴミも出なくて良いですね。
● 荷物をお子様と一緒に用意すると、どこに何が入っているか、自分で探せるようになります。自分で考えたり、責任感も生まれてきますね。

                               

comment

Secret

FC2カウンター
プロフィール

どあい冒険くらぶ

Author:どあい冒険くらぶ
信州安曇野、三郷小倉にある「黒沢洞合自然公園」周辺を主な拠点として、2008年から活動を続けている、野外活動・環境教育の団体です。
mail:doaibouken@kib.
biglobe.ne.jp
tel:080-5474-0852 大浜

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
http./blog26.fc2.com/control.php?page=1&mode=control&process=upload&sort=dd
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード