2016.9.4 実りの陣(日) 報告

2016.09.07.11:21

先日は『どあい冒険くらぶ 実りの陣』にご参加いただきまして、
ありがとうございました。
天気予報を裏切り、夏の太陽が戻ってきました! 
That’s “DOAI magic” !!!

集合 (1280x730)

<実りの陣 2016.9.4>ご報告
どあいの遊び場=黒沢川には、いくつもの遊びポイントがあり、
晴れたらあそこ、雨ならこっち、寒ければあっち…と、
いろいろ準備をしつつ、天気予報に気をもんでいました。
そこに現れた『ぷらす校長=ふりG』が「どあいだから、きっと晴れるよ!」
と一言。

そして当日…朝から快晴!
あら~本当に晴れちゃったね~。
そして集まってくれた20名の小学生の表情もピカピカ!
朝 (640x480)
受け付けの公園でトイレと着替えをしたら、
探検の出発点である『どあいリバーサイドリゾート』に移動。
ここで諸注意を聞いたら、出発の儀式で気合いを入れます。
「オス! ○○! ✖✖!・・・・・・」
気合い、入ったかな?
出発 (1) (640x480)出発 (2) (640x480)
川の水は冷たいけれど気持ちいい!
ジャブジャブ歩いていくと、高さ1.5m程の『一の滝』が見えてきました。
ここに来たら、やっぱり修業しないとね!?
勇気と根性のある数人が見事な修行っぷりを見せてくれました。
一の滝 (1) (640x480)一の滝 (3) (640x480)
さて、今日はこの滝を、ロープを使って登ります。
中々コツがつかめず悪戦苦闘する子どもたち。
それでも諦めずに何度も挑戦して、見事全員がクリア!
頑張ったね!
一の滝越え (1) (640x480)一の滝越え (2) (640x480)
では先へ進みましょう。
古びた橋をくぐり、合流地点を越え、大岩を乗り越え、倒木をくぐり…
深みにはまったり、石で滑ったり。
それでも誰も泣き言は言いません。
自分の足でしっかり歩きます。
クマが掘った、木のうろのミツバチの巣跡も見ました。
大水で削られた崖の斜面から水がしみ出しているのを見つけたり、
発見=感動もありました。
沢登り (4) (640x480)沢登り (1) (640x480)
沢登り (6) (640x480)沢登り (5) (640x480)
やがて見えてきた高さ1mの『二の滝』。
ここはキャンプ場のすぐ脇なので、ここで一旦川から上がり、
お昼にしました。
水に濡れながら、2時間弱、足場の悪いところを歩き続けると
さすがに疲れますね。

高校生スタッフの『あちょー』の挨拶で「いただきます」
オニギリ、おいし~!
あっという間に食べ終わり、「足りない」とスタッフのオニギリを狙っている
子も!?
お昼 (1) (640x480)お昼 (2) (640x480)
お昼の後、午後の相談をしました。
「ちょっと疲れちゃった」「魚釣りもしたい」と言う子もいる中、
「もっと沢登りがしたい。三の滝から先にも行きたい!」と言う元気な子も。
保育士をしながら週末はいつも野外活動の指導員をしている
タフネスガール『ながいもちゃん』はもちろん、
ママスタッフの『みっこさん』も目を輝かせてやる気満々をアピール。
では午後は分かれて活動しましょう。

『ふりG』と、すっかり山と旅にはまってしまった『あかねちゃん』
が魚釣り&のんびり組を担当。

沢登り組は、この夏オキナワミュージシャンとしてデビューした
『ジェームスたなまるシンノスケ』の号令で
「オス! ○○!・・・・・・」と気合いを入れて再出発。
律儀に『二の滝』を「よいしょ」と上るところからスタート。

『三の滝』は約3mの石垣。
降り注ぐ水を浴びながら登ります。
ドキドキするけど、頑張った後の達成感は格別です。
三の滝 (1) (480x640)三の滝 (2) (480x640)9-4 (443) (963x1280) (770x1024)
ドラゴンの卵を踏みつけ(!?)、なだらかだけど長い『四の滝』を越え、
どあい大魔王の宮殿を突破し(!?)、ついに現れた高さ約5mの『五の滝』。
水と一緒に降りてくる冷気と相まって、神秘的な美しさがある滝です。
しかし、ここでも修行をしてしまう猛者がいました!
すばらしい!
ドラゴンの卵 (480x640)9-4 (411) (480x640)
資料画像 五の滝 (427x640)五の滝 (640x480)
さあ、もう満足した?
え? もっと行きたい?
段々と大きくなる滝に期待が膨らんだのか?
でもこの先には…
分かった行こう!

勇気ある探検隊はさらに先へ進み、ついに見えた! 高さ約・・・
約・・・1mの滝。
あれ~?
『六の滝』と命名するのもおこがましいので『5.5の滝』と名付けられた、
別名『がっかりの滝』。
もう思い残すことはないね。
急いで帰りましょう。

帰り道も水路の小さな滝や、9900ボルトの電線、あったかい道路など、
いろいろ面白かったね。
ガッカリの滝 (640x480)あったか~い (480x640)
残った人たちも、竹を切り出して来て釣竿や弓矢、コップを作ったり、
魚を釣った子がいたり、釣れなかったけどミミズが刺せるようになったりと、
それぞれの挑戦があったようです。
みんな、いい顔してるなあ。
残り組 (3) (640x480)残り組 (2) (640x480)
残り組 (1) (640x480)残り組 (4) (640x480)
さよなら間際に振ってきた雨に
「そういえば、天気、もっちゃったね」と笑い合いました。
天気にも恵まれ、存分に楽しみつつ経験したいろんなこと
…失敗や悔しさも含め・・・は、
きっと成長の種として根付いてくれているでしょう。
いや、それ自体もすでに実りなのかもしれませんね。
そんなことを感じさせてくれる、笑顔溢れる一日でした。


お子様の反応はいかがでしたでしょうか。 
きっと家に帰ってから色々とお話をされたことと思います。
「あんなことやった」「こんなことがあった」
そんな親子の会話をしていただくことが、冒険くらぶの、もうひとつの目的でもあります。
どうぞ、じっくりと子どもの話に耳を傾けていただけたらと思います。


                
            どあい冒険くらぶ 隊長    大浜 崇

comment

Secret

FC2カウンター
プロフィール

どあい冒険くらぶ

Author:どあい冒険くらぶ
信州安曇野、三郷小倉にある「黒沢洞合自然公園」周辺を主な拠点として、2008年から活動を続けている、野外活動・環境教育の団体です。
mail:doaibouken@kib.
biglobe.ne.jp
tel:080-5474-0852 大浜

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
http./blog26.fc2.com/control.php?page=1&mode=control&process=upload&sort=dd
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード