スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の冒険楽校2012 報告 ≪Sコース≫≪Aコース≫

2012.09.05.19:10

先日は『どあい冒険くらぶ・夏の冒険楽校2012』にご参加いただきまして、ありがとうございました。
すでにお子様からたくさんのお土産話をお聞きしているかと思います。
それぞれに、たくさんの楽しかったこと、辛かったこと、がんばったこと等があります。
お子様個人個人の様子について、細かくお伝えできず申し訳ありませんが、お子様からの話と、その表情から汲み取っていただければありがたいと思っております。

≪Sコース≫7月28日~31日
8月のキャンプ日程が先行予約の会員だけでいっぱいになってしまったため、急遽設けたSコース。
「普段の活動には来られないけれど、キャンプだけは」と楽しみにしてくれている
子供たちが、こちらもあっという間に定員いっぱいに集まってくれました。
遠くは千葉・茨城から参加してくれた人もいました。
お互い知らない人がいっぱいで、不安を抱えながら参加してくれた人もいた
かと思いますが、そこは子ども。
あっという間に仲良くなって、川遊び、魚とりを中心に、それぞれの遊びに
夢中になっている姿が印象的でした。
マキ拾いやお風呂掃除の係活動の他にも、
たき火や料理のお手伝いを自主的にしてくれた人たちもいました。
そんな関わりの中で仲良くなっていく子どもたち。
カレー対決のときに見せてくれた結束力は、きっとそういう所で育まれたのでしょう。
大きな木の枝にロープを掛けたブランコも人気になりましたが、
これは子どもたちが自分のアイデアと工夫で作ったものです。
用意された遊びでなく、自分たちで、仲間と協力しながら遊びを作り出す姿には、
本当に感心させられます。
『一の滝』の修行や、『三の滝』を登り『どあい大魔王』に戦いを挑んだ人たちもいました。
きっと大きな自信を持ったことでしょう。
雨が降った時もありました。
テントの中が暑くて寝られない時もありました。
虫さされに悩まされ、荷物が見つからなくなり・・・
様々な困難があるのに、大人はチヤホヤ面倒見てくれない・・・。
そんな、ちょっと苛酷な環境を、自分の力、仲間の協力で乗り越えた子どもたち。
本当にすごいです!

Sコースには、ジュニアリーダーの中学生が一人来てくれました。
初参加とは思えない、その働きぶりと落ち着いた行動は、十分に小学生のお手本になってくれました。
『ひめちゃん』『なおちゃん』『りなちゃん』という3人の高校生も参加してくれ、
川遊びを始め、大いにキャンプを盛り上げてくれましたね。
他にも『どあいの守り神・えっちゃん大明神』、さまざまな肩書きを持つ
『吉越先生=まこっちゃん』をはじめ、宮城から駆けつけてくれた『うーみん』、
ウクレレの達人『いさおてんちょう』、風呂焚き名人『かずちゃん』、
『ディープインパクトにんちゃん』など、たくさんのスタッフがキャンプを支えてくれました。

「ここに参加するだけで『冒険』だよ!」 という事を言ってくれた子どもがいます。 遠くから参加してくれた子はそれだけで冒険でしょう。 知らない子と遊ぶ、友達になるという事も、心の中で冒険しているのかもしれません。 新しいことに挑戦したり、苦手だったことを頑張ってみたり…。
普段と違う生活の中で、たくさんの仲間たちと過ごしたこのキャンプでの経験は、きっと子供たちに新しい成長の種として残っていることでしょう。 すぐには目に見える形で現れなくても、これからの生活の中で、じっくりと育ってくれたら、こんな嬉しいことはありません。


≪Aコース≫8月5日~11日
8月のキャンプ日程(Aコース)は、会員とジュニアリーダーだけでいっぱいになりました。
どあいのこともよく知っている子どもたちは、お互い見知った顔も多く、来たときからその表情は
これからのキャンプ=どあい三昧への期待に満ちているように見えました。
川遊び、魚とり、石交換、木登り、ヤギの乳しぼり、お料理、マキ割り・・・
どこまでが遊びで、どこからがお手伝いか分からないくらい、子どもたちはそれぞれに
どあいでの生活を作り、楽しんでくれました。
そんな関わりの中で仲良くなっていく子どもたち。
カレー対決のときに見せてくれた結束力は、きっとそういう所で育まれたのでしょう。
『一の滝』の修行や、『三の滝』を登り『どあい大魔王』に戦いを挑んだ人たちもいました。
『零の滝』での飛び込みも、ドキドキしたけど気持ちよかったね!
雨が降った時もありました。
テントの中が暑くて寝られない時もありました。
虫さされに悩まされ、荷物が見つからなくなり・・・
様々な困難があるのに、大人はチヤホヤ面倒見てくれない・・・。
そんな、ちょっと苛酷な環境を、自分の力、仲間の協力で乗り越えた子どもたち。
本当にすごいです!

また今年は4人の中学生がジュニアリーダーとして、期待以上の活躍を見せてくれました。
『りっちゃん』『なっちゃん』『まいちゃん』『かのんちゃん』『ななみちゃん』
という高校生もいました。
スタッフには『どあいの守り神・えっちゃん大明神』、さまざまな肩書きを持つ
『吉越先生=まこっちゃん』をはじめ、2年ぶりに登場した『まゆねえ』、
マキ割り先生『だいちゃん』、宮城から駆けつけてくれた『うーみん』、
スイカチョップの『くまさん』、風呂焚き名人『かずちゃん』、『ウンチャカにんちゃん』
ほか、『こんちゃん』『なっちゃん』『しみぽ』『ゆうこちゃん』『いさおてんちょう』など、
たくさんのスタッフがキャンプを支えてくれました。

ある子が大切にしていた宝物の石が紛失してしまう、悲しい事件もありました。
残念ながら石は出てきませんでしたが、心配して探してくれたり、自分の石を譲って
その子を元気付けようとする等、温かな友情が見られたことは嬉しいことでした。
無責任な言い方かもしれませんが、「失ったものもあったけれど、得たものも決して小さくない」
と思います。
そう思わせてくれた子どもたちに感動しています。

「ここに参加するだけで『冒険』だよ!」 という事を言ってくれた子どもがいます。
遠くから参加してくれた子はそれだけで冒険でしょう。
知らない子と遊ぶ、友達になるという事も、心の中で冒険しているのかもしれません。
新しいことに挑戦したり、苦手だったことを頑張ってみたり…。
普段と違う生活の中で、たくさんの仲間たちと過ごしたこのキャンプでの経験は、
きっと子供たちに新しい成長の種として残っていることでしょう。 
すぐには目に見える形で現れなくても、これからの生活の中で、じっくりと育ってくれたら、
こんな嬉しいことはありません。


                            どあい冒険くらぶ 隊長   大浜 崇

comment

Secret

FC2カウンター
プロフィール

どあい冒険くらぶ

Author:どあい冒険くらぶ
信州安曇野、三郷小倉にある「黒沢洞合自然公園」周辺を主な拠点として、2008年から活動を続けている、野外活動・環境教育の団体です。
mail:doaibouken@kib.
biglobe.ne.jp
tel:080-5474-0852 大浜

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
http./blog26.fc2.com/control.php?page=1&mode=control&process=upload&sort=dd
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。