2010.3.30 やよいの陣(火) 報告

2010.04.03.23:32

先日は「どあい冒険くらぶ 弥生の陣」に
ご参加いただきまして、ありがとうございました。
最近は、冒険くらぶの日になると天気が回復。
この日も暖かな日差しの中、素敵な一日をすごすことができました。
皆さん、一年間ありがとうございました。
新年度も楽しみましょうね。

P3300237_convert_20100403234547.jpg

<弥生の陣 2010.3.30>ご報告
前日まで雪が降り、この日は久しぶりに厳しく冷え込みました。
でも天気はバッチリ! 元気なお日様が輝いています。
この日は15名の小学生が参加。
幼児さんとお母さんも1名ずつ参加してくれました。
挨拶の後、ヤギにエサをあげつつベース基地に移動し、お米と野菜を出してもらいました。
『おわん一杯分』とお願いしている野菜ですが、おわんが大きいのか(?)
いつもみんな多めに持ってきてくれます。
いろんな野菜が集まるからか、みんなの愛情のおかげか、
いつもとてもおいしい野菜汁ができて、
「冒険くらぶの野菜汁で、野菜が食べられるようになった」という声も聞かれます。
ありがとうございます!
さて、今度はパーティー用の山菜を探しに行きます。
おなかの大きくなった『かすけちゃん副隊長』から山菜の写真をもらい、いざ出発!
P3300119_convert_20100403233926.jpgP3300124_convert_20100403234010.jpg
『のびる』『かんぞう』『ふきのとう』…。 次々と見つけていく子供たち。
「全部とらない。少しだけ頂く」
=「3つあったら1つもらって、2つ目は大地の分。3つ目は次に来る人の分」
というお約束も、きちんと守ってくれていました。 
基地に戻ったら、採った山菜を種類ごとに分け、パーティーの準備です。 
『お料理チーム』は、元料亭の板前『ひさみちゃん副隊長』について山菜を洗ったり、
粉をといたり。油で揚げるのに挑戦した子もいましたね! 
『火つけチーム』は、いつもならわら、豆柄などを使って火をおこすのですが、
この日は「この辺にあるもので火をおこしてみよう」という声が子供から出て、
枯れ草集め、マキ作りから挑戦です。 
でも、やっぱり難しい…。 
いい所までいくんだけどね。 
ここで登場したのが4月から中学生になるR君。
おぉっさすが! あっという間に火をつけてしまいました。 
『マスター』の異名はダテじゃないね! 
『えっちゃん副隊長』にご飯、おひたしを作ってもらい、しばし自由時間。 
ここでは、やっぱり水遊びが人気。 
P3300189_convert_20100403234152.jpgP3300195_convert_20100403234240.jpg
川から引かれた水路の水をあふれさせて、ホースや竹を使ってダム(?)に溜めていきます。 
石を集めてダムを強化したり、畑に水が入るようにしたり。
どんどんアイデアが出て、工夫する姿には脱帽です。 
さあ、そろそろお昼。 
採れたて・揚げたての天丼! おひたしに野菜汁! 
みんなよくおかわりしたね! 
P3300203_convert_20100403234326.jpgP3300224_convert_20100403234414.jpg
午後の自由時間も水路遊びに夢中。 
おや?『まこっちゃん副隊長』をはじめとする一派は川へ行ったようです。 
せっかくだから、川にもみんなで行ってみよう。 
でも、今日はまだ少し寒いから、水には入らないように…あれっ!? 
もうビショビショの子が…!? 
その後も数人が水に入ってしまいバケツを履いたようになってしまいました。 
暖かくなったとはいえ、その濡れっぷりには…ごめんなさい! 
あまりにも楽しそうに入ってしまうので止められませんでした。 
最後はあま~い焼きマシュマロのおやつでしめたものの、もっともっと遊んでいたい子供たち。 
P3300231_convert_20100403234505.jpgDSCN2429_convert_20100403233837.jpg
遊びに区切りをつけさせるのに一苦労するほどで、はま隊長に一喝されちゃったけど、
そこまで遊び込めるってすごいことだよね。 
これに懲りず、また続きの遊びをしに来てね!!!

お子様の反応はいかがでしたでしょうか。
きっと家に帰ってから色々とお話をされたことと思います。 
「あんなことやった」「こんなことがあった」
そんな親子の会話をしていただくことが、冒険くらぶの、もうひとつの目的でもあります。
どうぞ、じっくりと子供の話に耳を傾けていただけたらと思います。
             

どあい冒険くらぶ 隊長     大浜 崇

2010.3.27 弥生の陣(土) ご報告

2010.03.28.16:07

先日は「どあい冒険くらぶ 弥生の陣」にご参加いただきまして、
ありがとうございました。
不安定だった天気も、この日ばかりは「冒険くらぶのために」(?)
暖かな日差しを届けてくれ、「春さがし」も「野外パーティー」も、
プラスαのお楽しみも、存分に楽しみました。
皆さん、一年間ありがとうございました。新年度も楽しみましょうね。
>
P3270112_convert_20100328162842.jpg

<弥生の陣 2010.3.27>ご報告
前夜の雪で、朝には一面真っ白になっていた黒沢どあい自然公園。
「山菜が全部埋まってしまった~!」とあわてた隊長をよそに、
ピカピカのお日様が暖かな日差しを運んでくれ、みんなが集まるころには雪も徐々に溶け出しました。

今回は12名の小学生と、幼児さん1名、お父さん1名の参加です。
今日が初めてという人が半分以上!
でも、どきどきなのはスタッフも一緒です。

朝の挨拶の後、ヤギにえさをやり、犬にほえられながらベース基地に移動。
全員で自己紹介をしたら、今日のパーティー(?)の食材探しに出発です。
一人ずつ、公園の周辺に生えている山菜の写真をもらい、にらめっこをしながらスタート。
『のびる』『かんぞう』『ふきのとう』・・・。
次々と食べられる山菜を見つけていく子供たち。
「全部とらない。少しだけ頂く」
=「3つあったら1つもらって、2つ目は大地の分。3つ目は次に来る人の分」
というお約束も、きちんと守ってくれていました。
P3270030_convert_20100328162044.jpgP3270023_convert_20100328161954.jpg
基地に戻って、みんなのを集めて、種類ごとに分けます。
結構あるねえ。
「早く食べたい!」という声も聞こえますが、その為のお仕事が、まだあります。 
『火つけチーム』と『お料理チーム』に分かれて、それぞれお手伝い&挑戦です。 
『火つけチーム』は今日は順調。 
わら、豆柄、小枝を上手に使って火を大きくしていきます。 
ナタやオノでまき割りもしてくれました。 
『お料理チーム』は、冷たい水で山菜を洗って、下準備をしてくれました。 

ごはんと野菜汁は『どあい大明神=えっちゃん副隊長』、
てんぷらは『炎の黒帯料理人=ひさみちゃん副隊長』にお願いして、少し自由時間にしました。 
木登りをする子、川へ降りてみる子と、それぞれに遊んでいます。
ずっと火の番をしてくれた子もいました。 
さぁお昼。
P3270050_convert_20100328162149.jpgP3270073_convert_20100328162318.jpg
自分でよそったごはんにてんぷらを乗せて『天丼』の出来上がりです。
野菜汁と、山菜のおひたしもあります。 3杯・4杯とおかわりする子もいましたね。 

午後の自由時間は、川、木登りに加え、水路の水をあふれさせての『ダムあそび』が人気。 
「あ~じゃない」「こ~じゃない」とするうちに、初めての子とも協力し合う場面が見られました。 
ダムあそびが一区切りついたところで、せっかくなので川へ少しだけ行ってみることにしました。 
本当に少しだけ…のつもりだったのに、川にかかった倒木を渡って遊んでいるうちに、
あっちで「バシャバシャ」こっちで「ジャボン」。 
『縄文系野生児=まこっちゃん副隊長』を始め、数人がズボンまでびしょびしょになってしまいました。 
DSCN2360_convert_20100328161902.jpgP3270101_convert_20100328162706.jpg
トホホな大人を尻目に、そんなこと気にしない元気な子供たち。 
さよならの時に見せてくれた笑顔(朝とは違った笑顔!)は、おやつで食べた
きマシュマロのように、とろけそうでしたね!

お子様の反応はいかがでしたでしょうか。
きっと家に帰ってから色々とお話をされたことと思います。 
「あんなことやった」「こんなことがあった」
そんな親子の会話をしていただくことが、冒険くらぶの、もうひとつの目的でもあります。
どうぞ、じっくりと子供の話に耳を傾けていただけたらと思います。

             
どあい冒険くらぶ 隊長     大浜 崇

冬の幻の乱 2010.3.7 報告

2010.03.07.23:02

先日は、どあい冒険くらぶ≪冬の幻の乱~保護者会≫に御参加頂き、
ありがとうございました。
まさか、まさかの雪が降り、朝から大慌てだったスタッフをよそに、
子供たちは大はしゃぎ。
まさに≪冬の幻≫な一日でした。

天気予報では確かに「雪が・・・」なんて言っていましたが、
何の根拠もなく「大丈夫!」と、高をくくっていたはま隊長。
しかし、朝起きてみると、ザンザンと雪が降り、すでに5センチほどの積雪が! 
大慌てで外へ出てみると、昨日張ったシートの屋根も、
テントも、みんな見事につぶれていました。
wao! 
そこで、急遽、家の前のテラスに屋根を作り直し、こじんまりとした中でみんなを迎え入れました。
みんなで集まって、最初にしたのは『火つけ』。
オノやナタでまき割りをしたり、小枝や豆ガラ、わらを持ってきて用意万端。
男の子チームと女の子チームにマッチを一箱ずつ渡しました。
さあ、マッチで火をつけよう!
でも…マッチのすり方は上手になったのに、火はなかなかついてくれません。
わらも小枝も、乾いてはいるのですが、天気のせいで、少し湿気ているよう。
時間は過ぎ、マッチは減っていきます。
つけ方、燃やし方も工夫していて、どんどん上手になっているのに。
とうとうマッチがなくなってしまいました。
火はつかず。
さあ、おとなの出番です。
「見ていなさい。火は、こうやってつけるんだ」
とばかりに臨んだのですが、それでもつかない!
やばい! このままでは、お昼ご飯が・・・!
そこで、最後の一人、はま隊長が『裏技』を使い・・・つきました! やった~!
(『裏技』は、企業秘密(?)のため、ここでは公表しません)
そうそう、この技、ちょっと危ないので、あまりまねはしないでね。
ついた火に、小枝やまきをくべる子供達。
たき火っていいね~。 あったかいね~。
大きくなった火に鍋をかけたら、ちょっとひとあそび。
予定外の雪に、「雪なら、雪を思い切り楽しんじゃえ!」と、そりを持って公園へ。
しかし・・・数が足りない。
そこに登場したのが、ゴムボート。
海なんかで使うアレです。
『まこっちゃん副隊長』が、ボートを口で膨らませてくれると
(彼は、膨らませた後クラクラして星が見えたそうです)
こどもがワッと乗り込みます。 
最高5人乗り!
いやでも仲良くなってしまうようなソリ遊びです。
でも、ちょっときゅうくつかな? 他にもそりはあるので、そちらで遊ぶ子も。
オリンピックを見ていたのか、「一人乗りリュージュ」のように滑る子もいましたね。
さて、そろそろお昼です。
その前に、ちょっと『宝探し』をしよう。
公園の片隅で、雪に埋もれたふきのとうを探します。
でも、採りすぎてはかわいそう。 
一人3個まで、と決めてスタート。
みんな雪を掻きかき・・・「あった!」「僕も!」と、声が響きます。
みんな、最低1個は確保できました。
採ったふきのとうは、少し野菜汁用に刻んで、少し蕗味噌にして、後はお土産になりました。
お昼ごはんは、子供たちが味噌をといて味付けしてくれた野菜汁と、
おにぎりを自分で握って・・・という予定でしたが、
一部、待ちきれない子(?)がいたため、そのままよそって食べました。
おかずらしいおかずはないのに、どうしてこんなに美味しいんだろう。
そうそう、この『どあい流野菜汁』がきっかけで、嫌いだった野菜が食べられるように
なった子も何人もいるそうですよ。
お昼ごはんの後、おとなは保護者会。子供は自由時間です。
本当は『クイズラリー』をする予定だったのですが、子供の中から「そりの続きがしたい」
「カマクラを作りたい」などやりたいことが出てきたので、今日は
『棚からボタモチ』『塞翁が馬』的な雪でとことん遊ぶことにしました。
雪玉でレストランごっこをする子もいたり、それぞれが楽しんだようです。


おっと、今日の報告はここまで。
近日中に写真もアップさせるので、またアクセスしてくださいね。


     どあい冒険くらぶ 隊長   大浜崇

真冬の陣 2010.2.13 報告

2010.02.17.11:11

先日は「どあい冒険くらぶ 真冬の陣」にご参加いただきまして、
ありがとうございました。
降りたての、一面の雪原の中、心ゆくまで、存分に遊び、『冬』を満喫!
これぞ、どあい流遊び倒しの術・冬バージョン!

P2130142_convert_20100217112837.jpgP2130143_convert_20100217112916.jpgP2130144_convert_20100217113009.jpgP2130145_convert_20100217113048.jpg
P2130146_convert_20100217113125.jpgP2130147_convert_20100217113212.jpgP2130148_convert_20100217113254.jpg
<真冬の陣 2010.2.13>ご報告
先週の雪が、その後の暖かさで全て溶けてしまい、「内容変更?」
という話も出ていた土曜日コース。
ところがドッコイ、ぎりぎりで予定通り(!?)雪が降ってくれました。
この雪を楽しみにしていたのは子どもだけではありません。
スタッフも、5名全員が前夜から泊り込みでミーティングを行い、
この日を楽しみにしていました。 
まだ小雪がちらつく中、10名の小学生と大人2名、幼児2名が参加。
挨拶の後、『秘密のそりコース』へと出かけました。
全長約150メートルのこのコース。
頂上まで登るのは息も切れるほどですが、それに見合うワクワクドキドキが味わえます。
もう、本当にキャーキャーワァワァ大騒ぎ。
途中、おやつにして、その後は、『カマクラ作り』という案もあったのですが、
子どもたちはそり遊びに夢中で、まだまだ滑りたい!と、
おやつもそこそこにコースへ出て行くほど。
P2130015_convert_20100217112312.jpgP2130062_convert_20100217112404.jpg
P2130078_convert_20100217112526.jpgP2130133_convert_20100217112748.jpg
一人乗り、二人乗りは当たり前。
腹ばいになったり、立ち乗りしたりと、滑り方にも工夫が見られます。
木製のそりや、超スピード・ブレーキ付きの『どあいスペシャル』もあり、
子どもたちはそりを貸し借りしながら楽しんでいました。
『あいちゃん副隊長』は、この日が初参加ながらすぐに溶け込んで、
子どもたちと二人乗りで楽しんでいます。
『にんちゃん副隊長』は、そりを二つも壊してしまうほど(!)のめりこんで遊んでいましたね!
さて、そろそろお昼。
『えっちゃん副隊長』特製のアツアツ煮込みうどん。
おかわりもたくさんしました。
P2130109_convert_20100217112705.jpgP2130169_convert_20100217113334.jpg
午後ももちろんそり!
しかし、子どもたちの中から「雪合戦したい!」という声も。
そろそろ疲れも出てくる頃です。 全員で雪合戦をすることにしました。
2つのチームに分かれ、それぞれがスコップを雪上に立てます。
自分たちの『王様スコップ』を守りながら、相手チームのスコップを倒すというゲーム。
『緑チーム』と『青チーム』の対戦です。
それぞれ作戦を立て、よ~いスタート! 大粒小粒の雪球が飛び交います。
投げる方も防ぐ方も一生懸命。
「当った!」「惜しい!」「痛い!」いろんな声も飛び交います。
P2130174_convert_20100217113420.jpgP2130202_convert_20100217113506.jpg
ルールを変えながら3回行った結果は緑チームの3連勝。
悔しがる青チームの子どもたち。
そこで最後にもう一回、大人対子どもの対戦もしました。 そして結果は…
大人チームの勝利! 
予定外(?)の勝利に、大人も子どもも半分呆然!? 
勝負の厳しさも味わった子どもたちでした。 
おやつの後、『まこっちゃん副隊長』と2人の子どもたちが作ったカマクラに案内してもらい、
まるで秘密基地のような力作を楽しませてもらいました。 
天気にも恵まれた『どあい流遊び倒しの術・冬バージョン』。 
本当にめいっぱい遊びつくした面々には「楽しかった?」と聞くまでもありませんでしたね!
DSCN2219_convert_20100217112147.jpgP2130273_convert_20100217113623.jpg

お子様の反応はいかがでしたでしょうか。
きっと家に帰ってから色々とお話をされたことと思います。 
「あんなことやった」「こんなことがあった」
そんな親子の会話をしていただくことが、冒険くらぶの、もうひとつの目的でもあります。
どうぞ、じっくりと子供の話に耳を傾けていただけたらと思います。

         
どあい冒険くらぶ 隊長  大浜 崇

2010.2.7 真冬の陣(日) 報告

2010.02.08.22:35

先日は「どあい冒険くらぶ 真冬の陣」にご参加いただきまして、
ありがとうございました。
新雪、快晴と、どあい冒険くらぶとは思えない(?)ほどの好条件!
心ゆくまで、存分に遊び、『冬』を満喫しました。

DSCN2148_convert_20100208223800.jpgP2070128_convert_20100208224743.jpg

<真冬の陣 2010.2.7>ご報告
前夜まで降り続いたふかふかの雪。そしてまぶしいほどのお日様。
神様が、冒険くらぶのために用意してくれたような一日でした。
活動場所は『梓川ふるさと公園』。
『黒沢洞合自然公園』のすぐ近くですが、また違う趣の、
雪遊びにはもってこいの秘密の場所です。
この日集まってくれたのは11名。
たっぷりの雪に、心がはしゃいでいます。
挨拶の後、まずは今日のベース基地となるあずま屋に荷物を置き、
トイレを確認しつつ、長~い坂道に出ました。
ここが今日のソリコースです。
全長、約150メートル。
はやる心を抑えつつ、注意事項を聞いたら、それ! スタート!
…でも…はやる心を押さえつけるように、意外とソリが進まない。
ふかふかの雪が、かえって抵抗になっているようです。
それでもソリをこぎこぎ、あっちへフラフラ、こっちへフラフラしている間に
雪がしまってきて、どんどん気持ちよく滑れるようになりました。
P2070071_convert_20100208225224.jpgP2070069_convert_20100208224152.jpg
P2070059_convert_20100208224102.jpgP2070041_convert_20100208223934.jpg
そのうちに、坂のてっぺんから滑る子、ジャンプ台を作る子、
短いけれど急な坂を見つけて挑戦する子、と、それぞれに楽しみを見つけていきました。
そんな中で、リスとも遭遇。
巣の材料らしきものを咥えていたそのリスは、すばやい動きで木に登り、枝を伝い、
隣の木にジャンプ! 
…あっ…バスン! 
隣の木に渡り損ねて落ちたリスは、巣材もそのまま、あっという間に
どこかへ消えてしまいました。
藪に入って探す子や、『足跡図鑑』を片手に調べる子と、このハプニングへの反応もさまざまです。
さて、ちょっとおやつ。
ぬるいミルクティーとチョコレート。
おや、湯飲みにチョコを入れて、ロイヤルミルクチョコレートティーを作った人もいますね。
おやつの後は、みんなでカマクラ作りもしました。
P2070076_convert_20100208224242.jpgP2070050_convert_20100208224020.jpg
おっと、そろそろお昼。 その前におトイレに行こう!
今日は公園のトイレが冬季閉鎖で使えないため、破れたテントをかぶせた
ポータブルトイレを使います。 
こども達は最初不安げな表情だったけど、この日初参加ながら、さすが野外保育士の
『なっつ副隊長』が、あっという間に仲良くなり、こども達をサポート。
無事にトイレを済ませることができました。 
今日の昼食は温かい煮込みうどん。 
こども達がうどんを入れ、味付けまでしてくれました。 
「おいしい!温かい!」と何回もおかわりをしましたね。 
昼食後も、まだまだ遊びたいこども達。
ソリに、カマクラに、元気に飛び出していきました。 
DSCN2180_convert_20100208223718.jpgP2070105_convert_20100208224700.jpg
『まこっちゃん副隊長』を中心としたカマクラ作りは、時間を追うごとに熱が入り、
どんどん形になっていきます。 
穴を掘る人、雪をかぶせる人、踏み固める人と、それぞれ一所懸命です。 
こども3人が余裕で入れる大きさができ、窓も作られました。
頂上は『みたらし峠』と命名され、力作の完成です。 
本当によくやったね! 
おやつの後、みんなで交替で中に入れてもらいました。 
窓から見た、雪の向こうの青空は、きっといつもよりも何倍もきれいに見えたんでしょうね。
P2070007_convert_20100208223854.jpgP2070078_convert_20100208224324.jpg



お子様の反応はいかがでしたでしょうか。
きっと家に帰ってから色々とお話をされたことと思います。 
「あんなことやった」「こんなことがあった」そんな親子の会話をしていただくことが、
冒険くらぶの、もうひとつの目的でもあります。
どうぞ、じっくりと子供の話に耳を傾けていただけたらと思います。
         
どあい冒険くらぶ 隊長  大浜 崇

2010.1.24 新春の陣(日) 報告

2010.01.26.18:31

先日は「どあい冒険くらぶ 新春の陣(日)」にご参加いただきまして、
ありがとうございました。
冒険くらぶの一年の活動の中で、最も過酷な雪中ハイキング。
たくさんの仲間が、新しい年を元気にスタートしました。

P1240089_convert_20100126211607.jpgDSCN2109_convert_20100126210543.jpg

<新春の陣 2010.1.24>ご報告
前夜にちらついていた雪はどこへやら。
暖かな日差しの中、集まってくれた18名の小学生。
今回は、幼児さんも2名、お父さんと参加です。
そして、スタッフが7名。
一年ぶりに来てくれた『ぼう副隊長(見習い)』、
2度目の参加で、日本語が上手になった(?)『じょりー副隊長』、
おなかの子供と参加の『かすけちゃん副隊長』もいます。

おっと、いきなり事件発生!
半分凍っていた池で遊んでいたK君、池ポチャしてしまいました!
出発前から片足びしょぬれ。 でも
【ぬれても転んでもけんかしても大丈ブだ~】(歌:安曇野ジャグバンド) の冒険くらぶ。
靴下と靴を替え、みんなで出発できました。
P1240075_convert_20100126210907.jpgP1240068_convert_20100126210735.jpg
久しぶりに参加した子や、今回初参加の子もいましたが、オヤジギャグ炸裂の
『にんちゃん副隊長』を中心に、にぎやかに歩くうち、緊張も取れてきたようです。
『山ノ神』の社にお参りをしつつ一休憩。
『えっちゃん大明神』からおやつをもらい、また歩き出します。

途中の水道施設で、噴水のように水が噴き出し、
氷の芸術を作っているところを見つけたり、カエルの彫像や仏像も見つけました。
ツララ、何か分からない大きな動物の足跡などなど、興味は尽きません。
そういえば、ここらには『黒沢小僧』という、妖怪(?)の民話があるんです。
もしかしたら会えるかも…?
P1260062_convert_20100126212613.jpgP1240082_convert_20100126211023.jpg
そうこうする内に『黒沢不動尊』に到着。 ここでもお参り&一休憩。
今度のおやつ(アメ)には
「最後まで口に残っていた人からラーメンにお湯を入れてもらえる」
という条件がついていました。
「あっ噛んじゃった」などと言いながら、わいわい歩き、じきに駐車場へつきました。
ここで荷物を置いて、身軽になって滝までもうひとふんばり。
ここまで来ると、さすがに雪もたくさん残っています。
ザクザク歩いたり、ツルツル滑ったりしながら滝へ到着。
数人ずつ交代で滝の水・氷に触れてきました。
氷を砕いてお土産にする子、水の冷たさを感じようと、しぶきを浴びながら手を伸ばす子…。
滝の水を鍋に汲んで、少しだけ飲んでみたりもしました。
滝との向き合い方もそれぞれです。

さて、お昼にしますか!
みんなが持ってきてくれたお湯のおかげで、ラーメンが次々に出来上がりました。
おや? ドイツから参加したティモは、韓国で買ったラーメンを持参。
「スパイシー!」と言いつつ食べていました。
「生まれて初めてカップラーメンを食べた」という子もいれば、2個目のラーメン食べてる子も!
昼食後はそりや雪合戦で思い思いに遊び込みました。
P1240086_convert_20100126211207.jpgP1240100_convert_20100126211930.jpg
さ~て帰るぞ~。
帰り道は、知っている子は知っている、どあい流シートそり。
子供を乗せたシートを大人が持って雪道を駆け下ります。
カーブで振り落とされる子、疲れた大人に代わってシートを引っ張ってくれる子。
キャアキャアワーワーハァハァゼイゼイにぎやかな帰り道です。
『まこっちゃん副隊長』は腹ばいでトドのように滑っていましたね。
公園に戻ったら最後はおしるこで締め。
皆さん、本当に良く頑張ったね! おつかれさま!
P1240192_convert_20100126212332.jpgP1240217_convert_20100126212430.jpg

お子様の反応はいかがでしたでしょうか。 
スタッフも、疲れの中にも充実感があります。
寒い中、がんばっていた子供たち。
その中で垣間見られた子供の中の成長・変化。
子供たちも、きっと家に帰ってから色々とお話をされたことと思います。 
「あんなことやった」「こんなことがあった」
そんな親子の会話をしていただくことが、
冒険くらぶの、もうひとつの目的でもあります。
どうぞ、じっくりと子供の話に耳を傾けていただけたらと思います。 
そしてどうぞ、今回は特にたくさんほめてあげて頂きたいと思います。


             どあい冒険くらぶ 隊長     大浜 崇

2010.1.16 新春の陣(土) 報告

2010.01.17.23:12

先日は「どあい冒険くらぶ 新春の陣」にご参加いただきまして、
ありがとうございました。
新年最初の活動は、一年で最も過酷な雪中ハイキング。
「みんな、大丈夫かなぁ」というのは要らぬ心配だったよう。
帰って来た時にバテていたのは、子供より、大人の方だったようです。

P1160077_convert_20100117232023.jpg

<新春の陣>ご報告
朝方まで降っていた雪も止み、朝日に輝くまぶしい新雪の中、
小学生7名、幼児1名、大人8名が集まりました。
寒い中、山道を登るという、冒険くらぶの中で最も過酷なコースに挑戦する
精鋭(?)たちです。
『キミヨ副隊長』は『陣』初参加ながら、さすがベテラン保育士の風格です。
トイレの後、雪道での注意点を聞き、いよいよ出発です。
10分ほど歩くと、森に入り、道の雪も徐々に深くなっていきます。
子どもたちは木をけって雪を落としたり、棒を振り回したり、
それぞれに無駄な体力を使いながら(?)元気に歩いていきます。
P1160041_convert_20100117231758.jpgP1160038_convert_20100117231706.jpg
途中、『山の神』の小さな祠があったので、
「無事に帰ってこられますように」とお祈りをしてきました。
その先のわき道で『ひさみちゃん副隊長』からチョコをもらって休憩をとり、また出発。
さらに1キロほど歩き、地元で『お不動さん』と呼ばれる
『黒沢不動尊社』で2回目の休憩をとりました。
この時『えっちゃん副隊長』からもらった飴には
「ゆっくり舐めて、最後まで残っていた人から、ラーメンのお湯を入れる」
という条件が付いていました。
大事に大事に、工夫してなめている姿がかわいかったですよ。
P1160052_convert_20100117231844.jpgP1160054_convert_20100117231938.jpgDSCN2032_convert_20100117231556.jpg
そうこうするうちに、駐車場に到着。
ここで荷物を下ろし、身軽になって滝まで行きました。
つい一週間前に、家族で滝へ来た子が、その時に見つけた
『氷』や『霜柱』の場所を教えてくれました。
そして滝。
「どうして、氷が青いの?」という声が子供の口から聞かれます。
大人も子供も、それぞれの感性で、冬の滝と向き合います。
40センチほども積もった雪の中を、慎重に道を選びながら、
一人ずつ凍った滝に触れてきました。
一抱えもある氷のかけら(?)を持ち帰る子、氷の間を流れる滝の水をすくい、味わう人…。
さ~て、お昼にするぞー!
みんな坂道を駆け下り、それぞれのラーメンを手にします。
お湯を持ってきてもらったおかげで、沸かし直しもあっという間。
いただきま~す!
P1160080_convert_20100117232106.jpg
元気なようでも、手足はやっぱり冷えていて、熱いラーメンのありがたさが身にしみます。
滝よりも、こっちが目的の子もいるようです。
もう一つ、去年来た子が楽しみにしていたのが、帰り道でのシート・ソリ。
でも「子供8人は重すぎる~!」。
半分ずつ交替で乗ってもらい、その後、
子供が引っ張ってくれたソリに大人も一人ずつ乗せてもらいました。
楽しかった~。ありがとう!
『まこっちゃん副隊長』もご満悦!? 
P1160086_convert_20100117232151.jpgP1160097_convert_20100117232231.jpg
元気いっぱい、駆けて、滑ったら、あっという間に公園に戻ってきました。
最後はおしるこで締め。
体も心もほっかほか!
皆さん、本当に良く頑張ったね!
おつかれさま!

             どあい冒険くらぶ 隊長     大浜 崇

遊び納めの乱 09-12-28

2010.01.13.22:27

先日は、どあい冒険くらぶ≪あそび納めの乱≫のご参加いただきまして、
ありがとうございました。
子どもも、大人も、思いっきり楽しんで、遊び納め! 年忘れ!
ついでに、報告書も忘れていた隊長。
今年は厄年なのに、しょっぱなからこんな不用心で大丈夫でしょうか?
「いや、まぁ≪乱≫だから、報告書はなくても…」 なんて気もあったのですが、
この日、副隊長として参加してくれていた、シャロムの「さにー」さんが、
自身のブログにこの日の冒険くらぶのことを書いてくれていました。
てな訳で、今回は「さにー副隊長」からの報告をご覧ください。span>

さにーさんのブログ☇
  http://sunshinefarm.blog33.fc2.com/page-1.html

活動報告 09-12-12 師走の陣(土)

2009.12.14.01:00

先日は「どあい冒険くらぶ 師走の陣」にご参加いただきまして、
ありがとうございました。
本年最後の月例活動。 
前後は雨がありながらも、活動中は暖かな天候に恵まれました。
冠雪の山を東西に見ながら、子供たち、大人たちの笑い声がどあいの谷に響き渡りました。

DSCN1932_convert_20091214011001.jpgDSCN1939_convert_20091214011129.jpg

<師走の陣(土)>ご報告
朝まで降っていた雨もあがり、ようやく雲間から出てきた太陽が、
濡れた草木を輝かせた頃、子どもたちがやってきました。
三郷小、鎌田小のほか、全部で6つの小学校から集まった11名。
いつもながら、実に多彩です。
そうそう、この日の隊長は忍者の『にんちゃん』。
集合前に大人たちが遊んでいた中でのゲームで、そう決まってしまいました!
日本語がちょっと苦手(?)な『ジョリー』は初参加です。
あいさつの後、ベース基地に荷物を置き、持ってきてもらったお米と野菜を出し合いました。
今日は、散歩の前に、ご飯の準備を先にすることに。
お米を研いで押しかけまでをしてくれたのは、やっぱり(?)女の子。
男の子は火つけの担当になりました。
6・7歳の『ヤングチーム』と、8歳以上の『松本ジャイアンツチーム』に分かれ、
それぞれで火つけに挑戦です。
わら、豆がら、小枝を組み、恐る恐るマッチを擦り…何人も交代しながら、何度も挑戦
し・・・『松本ジャイアンツチーム』が先に成功。
ついた火にまきをくべて火を大きくするのも上手に出来ました。さすが年長者。
『ヤングチーム』も、隣で上がった火を見やりつつ、工夫を重ね、
ついに火がつきました。
頑張ったね!
お米を洗い終わった女の子たちが、冷たくなった手をその火で温めたら、
みんなでお散歩に出発です。
PC120016_convert_20091214011341.jpgPC120018_convert_20091214011426.jpg

川沿いの藪から公園へ抜けるルートを歩きつつ、蔓や木の実を集めます。
でも、さすが子供たち。それだけでは終わりません。
木の枝にぶら下がったり、太い蔓を登ってみたり。
ゲームも玩具もなくても、ちゃんと遊びを創りだしています。
基地に戻ったら自由時間。
リースを作る子、水路から引いた水で遊ぶ子、竹を切って釣竿を作ったり、
秘密基地に竹の葉を敷いてベッドにしたり、思い思いに遊びこんでいました。
季節外れのキノコを見つけ、キノコ集めを始めた子は、シイタケをゲット!
人数分に切って、お昼ご飯に花を添えてくれました。
DSCN1950_convert_20091214011213.jpgkinoko.jpg

昼食後は、『日本鬼ごっこ連盟会長』の『まこっちゃん副隊長』を中心に、
いつの間にか始まった鬼ごっこに全員で合流。
公園でドロケイ(ケイドロ?)をしました。
追いかける警察、逃げながらも仲間を助けるために、勇気と知恵を振り絞る泥棒。
どちらも必死です。
最後の子ども警察VS大人泥棒の対決は、子供チームの完全勝利で幕を閉じました。
本気で疲れ切った大人を尻目に、満足そうな子供たち。
集合写真にも、そんな表情が見て取れます。
とろ~り甘い『焼きマシュマロ』のおやつを食べ終わる頃に降り始めた雨は、
みんなとの別れを惜しんでいるように感じましたよ。
PC120046_convert_20091214011651.jpg

お子様の反応はいかがでしたでしょうか。
きっと家に帰ってから色々とお話をされたことと思います。 
「あんなことやった」「こんなことがあった」
そんな親子の会話をしていただくことが、冒険くらぶの、もうひとつの目的でもあります。
どうぞ、じっくりと子供の話に耳を傾けていただけたらと思います。
       
どあい冒険くらぶ 副隊長   大浜 崇

活動報告 09.12.6

2009.12.08.23:25

先日は「どあい冒険くらぶ 師走の陣」にご参加いただきまして、
ありがとうございました。
いよいよ12月。楽しいこともありつつ、忙しい季節ですね。
こども達の中では、クリスマスプレゼントの話が出たり、雪や氷に一喜一憂したり…。 
何にしても期待に胸が膨らむ季節のようです。

PC060054_convert_20091208235555.jpg

<師走の陣(日)>ご報告
この一週間ほど、はっきりしない天気が続き、前日は雨。
ひやひやしながらこの日を迎えたスタッフは、朝の天気に思わず歓声が上がりました。
すっきりと晴れた空の青さと、黒沢山・鉢伏山の白い冠雪が、とてもきれいです。
この日集まったのは10名の子供たち。
池の氷で遊びつつ、ベース基地に荷物を置いたら、早速散歩に出発しました。
山の木々は葉が落ち、もう冬の支度ができています。
その中にからみついている蔓が、今日のメインディッシュ(?)。
太いのや細いの、長いのや実がついたもの…それぞれ自分の蔓をとり、ベース基地に戻りました。
DSCN1894_convert_20091208234135.jpgDSCN1890_convert_20091209002153.jpgP1010017_convert_20091208235052.jpgP1010025_convert_20091208235137.jpg
ちょこっとおやつで一息入れたら、まき集めをして火をつけ、ご飯の準備をしつつ自由時間としました。
『カスケちゃん副隊長』とリースを作る女の子たち。
川原で宝物のような石を拾う男の子たち。
水路の水をあふれさせて、何やら遊び始めた子もいます。
そうこうするうちにお昼になりました。
今日のメニューも、「ごはん」と「野菜汁」。
これだけなのに、とっても美味しく感じるのは「えっちゃん副隊長」の愛情が入っているから?!?
午後は、ひたすら自由時間。
リースを作っていなかった子が、ものすごい集中力とアイデアで面白いものを作っていました。
水路遊びは仲間が増えて発展し、畑の一角が池になってしまいました(トホホ…)。
集めた枯れ葉に隠れた子が、石拾いから帰ってきた『まこっちゃん副隊長』を脅かしたら、おやつの時間です。
今日のおやつは『焼きマシュマロ』。
PC060039_convert_20091208235245.jpgPC060053_convert_20091208235436.jpg
みんな適当な小枝を探し、刺したマシュマロを火にかざして、とろ~り溶かしていただきます。
火にあてることで、全く別の食べ物のようになってしまうマシュマロ。
こども達にどこか似ています。
今回、参加メンバーが少なめだったことから、普段と違う友達と遊んだり、
新しく名前を覚えあったり、ということもあったそうです。
新しい友達の発見は、新しい自分の発見につながります。
(な~んて、ちょっとカッコつけすぎ?) 
火にあてすぎて、焦げたりふくらんだりするマシュマロ。
とろけすぎて落ちてしまったマシュマロ君は甘い香りを放ちつつ、火の中で恥ずかしそうに踊っていました。

(解散の後、子供に誘われて駐車場のはずれの茂みへ行ってみると、随分前から捨て去
られていたクーラーボックスの中に、子供たちの見つけたきれいな石が入っていました。
こどもたちにとっては、何より大切な『宝石箱』なのかもしれませんね。)
PC060043_convert_20091208235331.jpg
お子様の反応はいかがでしたでしょうか。
きっと家に帰ってから色々とお話をされたことと思います。 
「あんなことやった」「こんなことがあった」
そんな親子の会話をしていただくことが、冒険くらぶの、もうひとつの目的でもあります。
どうぞ、じっくりと子供の話に耳を傾けていただけたらと思います。

                
 どあい冒険くらぶ 隊長   大浜 崇

活動報告 09.11.14 秋の陣(土)

2009.11.19.22:44

DSCN1760_convert_20091119230308.jpg
先日は「どあい冒険くらぶ 秋の陣」にご参加いただきまして、
ありがとうございました。
2カ月ぶりに再開した、どあい冒険くらぶの土曜日コース。
冷たい雨にたたられながら、それでも元気に、和やかにスタートできました。

DSCN1766_convert_20091119230417.jpgPB140034_convert_20091119230925.jpg
<秋の陣(土)>ご報告
前夜からの雨は朝まで続き、しかも結構な勢い。
「本当にやるの?」 という声がスタッフからも出て、キャンセルも相次ぐ中、
それでもやりました!
雨の中、来てくれた5人の子供たち。
屋根のつけられたベース基地で、まず最初に火を付けました。
ここで活躍したのは、夏のキャンプで8泊していた6年生。
『マスター』と呼ばれる彼への信頼感は、子供たちの中でも抜群です。
あっという間に火をおこし、食事作りの準備ができてしまいました。
おや? そうこうしている内に、雨があがってきましたよ!
食事作りを 『えっちゃん副隊長』 に託し、みんなで秋探しのお散歩へ出発。
今回は黒沢洞合自然公園とその周辺で秋探しです。
そして集めたものを持ち寄って発表会。
クリ、カキ、ムラサキシキブ…
名前はわからないけれど、素敵な葉や木の実を見つけてくれた人もいました。
濡れてすぼんだススキが、火であぶると穂が開く、なんて発見もありました。
PB140019_convert_20091119230717.jpg
PB140020_convert_20091119230808.jpgDSCN1772_convert_20091119230526.jpg
その後は自由時間だったのですが、みんな自然と火の周りに集まり、
それぞれのお手伝いをしてくれました。
火の管理はもちろん、掘ってきた小さな山芋(!)を、火であぶって食べたり、
クリを焼いて食べたりもしました。
おやじギャグを炸裂させていた 『にんちゃん副隊長』 の歌に合わせて(?)
ナタでまき割りもしましたね。
この日は、参加人数が少ないこともあり、ゆったりとした時間が多く、
色々なことにじっくり取り組めました。
この雰囲気には毎回参加の 『まこっちゃん副隊長』 も
「いいですね~~~」と感慨深げ。
炊き立てご飯と野菜汁、トッピングで豆山芋という質素な昼食の後は、
おやつ作りです。 バウムクーヘンだ~!
DSCN1781_convert_20091119230605.jpgPB140033_convert_20091119230849.jpg
PB140038_convert_20091119231006.jpgPB140045_convert_20091119231046.jpg
竹の棒に生地を塗り、垂れないように回しながら焼く。
焼けたらまた生地をかさね、焼く…。
時には焦がし、時には垂らしつつ、何度も何度も繰り返して…できました!
竹の先で甘い匂いを放つ、少しいびつな膨らみ。
竹から抜けると「お~!」。
切ってみるときれいな年輪模様に「うお~!!」。
なかなか感動モノです。 もちろん、そのおいしさにも感動です。
朝の雨はどこへ行ったのやら。
青空にそびえる黒沢山(2,051m)をバックに記念写真を撮った子供たち
&大人たちの顔は、秋晴れの空のように清々しく輝いていました。
PB140047_convert_20091119231133.jpg

お子様の反応はいかがでしたでしょうか。きっと家に帰ってから色々とお話をされたことと思います。 「あんなことやった」「こんなことがあった」そんな親子の会話をしていただくことが、冒険くらぶの、もうひとつの目的でもあります。どうぞ、じっくりと子供の話に耳を傾けていただけたらと思います。

                 どあい冒険くらぶ 隊長   大浜 崇

活動報告 09.11.8 秋の陣(日曜コース)

2009.11.10.01:17

PB080014_convert_20091110010329.jpg
先日は「どあい冒険くらぶ 秋の陣」にご参加いただきまして、
ありがとうございました。
9月、10月とお休みをしていました「どあい冒険くらぶ」が、再開しました。
お休みの間に、家族でお出かけした人も多かったようです。
また、インフルエンザなどにかかってしまった人もいたようです。
これから寒くなってきますが、また元気に野外で遊びましょう!

DSCN1724_convert_20091110005049.jpgPB080056_convert_20091110005604.jpg
<秋の陣(日)>ご報告
久しぶりに会った子どもたちは、目が輝き、元気にはしゃいでいました。
大人も、ワクワクしながらこの日を待っていました。
トイレと服装チェックを済ませ、少し気持を落ち着けてから
すぐに「秋探しの探検」へと出発。
ピンクや紫、赤などの色とりどりの木の実。
色々な形の、服にくっつく草のタネ(ひとくくりに「バカ」と呼ばれていますが)、
ドングリに松ぼっくり。
幾種類もの、形の違う紅葉を見つけた人もいました。
ほかにも四つ葉のクローバーやセミの抜け殻を見つけた人もいましたね。
みんないい目をしていますね~。
花束のように「秋のブーケ」を作った人も。 素敵な発想ですね!
約1キロ半の道のりを一時間半かけて歩き、今日のベース基地である、
「大浜キャンプ場?」へ到着。
みんなで「秋の発表会」をしました。
PB080018_convert_20091110010851.jpgPB080021_convert_20091110011132.jpg
みんなで秋を楽しんでいる間に、『えっちゃん副隊長』が
ご飯の用意をしてくれました。
今回は、ダッチオーブンで炊いたホカホカご飯とお味噌汁。
それだけですが、とってもおいしー! 何杯もお代わりしていました。
その後の自由時間では、水路の水を竹で引いて滝や池を作ったり、
山羊と遊んだり、川やターザンブランコで思い思いにすごしました。
そしておやつ作り。 バウムクーヘンを焼いちゃうぞ~! 
東京でおやつ教室をされている『ようこさん副隊長』率いる
「三郷小・男」チーム。
おなかに赤ちゃんができ、幸せいっぱいの『カスケちゃん副隊長』の
「鎌田小」チーム。
伝説の楽団、安曇野ジャグバンドのリーダー『ひでさん副隊長』の
「三郷小・女」チーム。
最近、大浜家の長男とうわさされる『まこっちゃん副隊長』の「おやつ」チーム。
チームごとに生地作りやまき拾いをし、いよいよバウムクーヘンを焼きます!
竹の棒に生地を薄く付け、垂れないように回しながら焼き、焼けたらまた生地
をかさね、焼けたらまた生地をかさね…どんどん太くなっていき、まるで
ギャートルズの肉のよう!
竹から外し、切ってみると、とってもきれいな年輪模様。 おいしそう~!
「お土産に」と、お弁当箱にそのまま入れる子。
半分だけ食べて残りを持ち帰る子。
お土産にしようと思いつつも、おいしくて「もうちょっとだけ…あと一口…」
と言ってる間に全部食べてしまった子。 
お迎えに来たお母さんたちの嬉しそうな顔、残念そうな顔も見ものでしたよ!?
PB080086_convert_20091110011403.jpgPB080106_convert_20091110011550.jpg


お子様の反応はいかがでしたでしょうか。
きっと家に帰ってから色々とお話をされたことと思います。 
「あんなことやった」「こんなことがあった」そんな親子の会話をしていただくことが、
冒険くらぶの、もうひとつの目的でもあります。
どうぞ、じっくりと子供の話に耳を傾けていただけたらと思います。

今回の冒険くらぶの活動に関しまして、
ご意見、ご要望、ご苦情、お子様の様子など、どんなことでも結構ですので、
お話いただけたらうれしく思います。
今後の活動の参考にさせていただき、子供にとって、親御さんにとって、
また地域にとって、よりよい活動を目指したいと思っております。
ご協力お願いいたします。

                 どあい冒険くらぶ 隊長   大浜 崇

夏の冒険楽校‘09 プチ報告

2009.10.19.19:09

夏の冒険楽校‘09 ≪安曇野9デイズキャンプ≫
に御参加いただきました皆様、ありがとうございました。


今回のキャンプでは、参加日程もばらばらで受け入れたこともあり、
報告書は出さないつもりでおりました。
しかし、「キャンプはどうだったんだ!?」
という問い合わせがいくつも寄せられました。 嬉しいことです。
大変遅ればせながら、「プチ報告」として、紹介させて頂きます。
1_convert_convert_20091019210445.jpg
8月1日から9日まで、安曇野の外れの、「秘密のキャンプ場」で行なわれた
『夏の冒険楽校』安曇野9デイズキャンプ。
参加者も1泊から8泊まで、それぞれの都合、興味に合わせて参加してくれました。
3_convert_20091019183121_20091019184607.jpg
なんといっても、『どあい冒険くらぶ』そのものが1年生。
夏のキャンプも初めての企画で、
「人、集まるかなあ」 「8泊なんて、いきなり来ないよなあ」
・・・と、少し弱気になっていました。
2_convert_20091019183030_20091019184607.jpg7_convert_20091019183457.jpg
ところが、新聞に記事が載ったこと、料金が他の団体のキャンプに比べ格安
なこともあって、あれよあれよと人数が増え、延べで150人以上の子どもたちが
参加してくれることになりました。
8_convert_20091019183543.jpg9_convert_20091019183714.jpg
スタッフもまこっちゃん(野外保育士)、ジャイアン(小笠原の野生児?)を中心に、
にんちゃん、ひでさん、かすけちゃんといういつものスタッフの他、児童館の先生、
保育園の園長先生、ソフトボールの監督、信大の野外活動系学生、女優さんまで、
超豪華・多彩なメンバーが集まってくれました。
11_convert_20091019184047.jpg12_convert_20091019184154.jpg
キャンプ中は雨降りの日も多かったけれど、川遊び・滝修行(?)を中心に、
森の探検や魚釣り、マレットゴルフ、布染めなどをしました。 
また、毎日の食事作りやドラム缶風呂の用意も手伝ってもらい、
みんな本当に良くやってくれました。
キャンプでは、こういう仕事が、かえって楽しみの一つになっていたようです。
一つ一つの『生活』を、自分たちの手で作っていく実感が持てたことでしょう。
4_convert_20091019183230_20091019184606.jpg10_convert_20091019184002.jpg
長期連泊していた子どもは、途中で『飽き』が出てきます。
でも、そうなると、いろいろなことを『工夫』するんですね!
ごはんやお風呂の火も、自分でつけるようになった子がいます。
 (みんなから敬愛をこめて『マスター』と呼ばれていました)
火の焚き付けように、木をナイフで削る子もいました。
焚き火パンも、いろいろな形を研究しましたね。
長期連泊の『9デイズキャンプ』。
こちらが期待していたように、否、それ以上に子どもたちが
考え、工夫し、成長していく姿が見られ、本当にうれしかったです。
5_convert_20091019183328_20091019184606.jpg6_convert_20091019183407_20091019184605.jpg
最後の夜には超・超大雨。 そして雷。 停電。
もう、本当にどうしようもないくらいの脅威。

神様は、自然の素晴らしさの中で生活していた我々に、
自然の厳しさも教えてくれました。

本当に、本当にたくさんのことがあった。
本当にたくさんの気づきがあった。
本当にたくさんの思い出が残った。
みなさん、ほんとうにありがとう!

稲刈りの乱 2009.10.10

2009.10.18.21:58

稲刈りの乱 ご報告
・・・ご報告、なんてほど、たいした内容でなくてごめんなさい。

10月10日に行われた、どあい冒険くらぶの稲刈りの乱。
冒険くらぶから4家族11名の方が来てくれました。
他にも副隊長のまこっちゃん、望さん、ふるけんちゃん。
ひさみちゃんとツンジーたかおくんは、
農業研修生のけいと君を連れてきてくれました。
そして祖父母参観のため、埼玉県から来ていた、はま隊長の両親。
えっちゃんと風生ちゃん、はまを入れ、総勢22名。

挨拶のあと、まずはツンジーたかおくんから、
稲の刈り方、稲束の結び方を教わりました。
ツンジーくんは「餅つきと稲刈りは、機械よりも速い」といわれる、本職の農家。
みんな真剣に話しを聞いていました。
そして、稲刈りスタート!
これだけ人数がいると、手刈りでも早い早い。
もたもたしている稲刈り機よりも速く刈ってしまいました。
稲束結びもして、はざ棒にかけて・・・
七畝の田んぼの稲刈りは午前中で終わりました。

お昼ごはんのカレーライスを食べたら、解散時刻まで、森の探検に出発!
新作ターザンブランコなどで遊び、秋晴れの一日を楽しみました。
来てくれた皆さん、本当にありがとうございました!
稲刈り‘09convert_20091018221714

2009.8.30 実りの陣(日曜コース)

2009.09.01.04:31

先日は「どあい冒険くらぶ 実りの陣(日曜コース)」に
ご参加いただき、ありがとうございました。
上半期最後の活動となったこの日。予報に反して思いがけずに
よい天気となった中、最後の夏遊びを満喫しました。span>
P8300138_convert_20090901044852.jpgP8300098_convert_20090901044356_20090901045411.jpg
P8300158_convert_20090901044939.jpgP8300165_convert_20090901045036.jpg

<実りの陣(日)>ご報告
インフルエンザが流行りだし、天気も怪しそうなこの日の活動。 
キャンセルが何人もあった中、それでもやってきた7人の侍
・・・否、子どもたち。

公園で顔合わせをした後、下の畑に移動し、収穫をしました。
子どもの背丈ほどにも伸びた雑草をかきわけ、自分の畑を探すと・・・
あった! 大根! トマト! とうもろこし! そして土の中にはジャガイモも!
汗を流しながら収穫。
植えた後の手入れはほとんど皆無だったので、「立派」に育ったとは
いえないけれど、それでもよく育ってくれました。

収穫物を持って、今度は川原に移動。
強烈な夏の日差しとは言えないけれど、むしむしした天気は
川遊びも出来そう。
ここの川が初めての子もいるので、まずは探検に出発。
ジャブジャブと川に入っていきます。
泳ぐほどの暑さではなく、みんな静かに歩いていましたが、
滝のところまで来るとアドレナリンが湧き出てきたのか、「滝修行」
に挑戦する子が出てきました。
最初は頭の先だけチョロッ! それがだんだんと大胆になってきて、
最後には本当に修行をしているかと思うほど滝に打たれていました。
やっぱりここの滝は楽しいよね~。
楽しみながら、自分の中では挑戦していたり、冒険していたりするんだよね~。
そうして満足感や達成感を得て、自信を持ち、成長するんだよね!
カニ探しもしつつ、帰り道ではターザンブランコ!
『かすけちゃん副隊長』も張り切っていましたね!
ベース基地では『えっちゃん副隊長』が火を焚いて待っていてくれました。
火に当たり、着替えを済ますと、もうごはん作り。
採ってきたジャガイモや大根を洗ったり切ったりしました。
その後は虫さがし。
近くの木を見回し、蜂がいないことを確認しながら探し回りました。
最初は「いいなあ、僕にも捕ってよ」と言っていた子も、
他の子の探し方、捕り方を見て、自分で探すようになりました。
女の子は葉っぱをくりぬいてお面作りが気に入った様子。
いくつもの傑作が出来ていました。
自然の中で、工夫しながら遊んでいる子どもたち。想像力・創造力も豊かです。
川原の石に顔を描いちゃうなんて素敵ですよ!
そうこうする内にごはんができ、みんなで昼食。
今日はいつもの野菜汁をあんかけにしてみました。
「おいしい!」と言う声が何度も聞こえます。
「ホントにこれ美味しいね」とおかわりする子もいましたね。
午後はのんびりと、思い思いに過ごしました。 

人数が少なかったこともあり、子供同士のかかわりも濃く、また
子ども個々の要求にも対応できたことは良かったと思います。 
戻ってきた公園では、カエルを捕らえたばかりのヘビを発見! 
すかさず『まっこっちゃん副隊長』がゲット! しばしみんなで観察。
ここで思ったこと、感じたことはそれぞれでしょう。
はずれはありません。 でも当たりもありません。
たくさん感じること・考えることが大切です。 それを仲間と分かち合うことも。 

溢れるほどの自然以外は何もない所だけど、
発想しだいで何でも出来るこのフィールド。
子どもたちは自分の興味をそれぞれ持ち、自分の足で、仲間と一緒に
歩き始めているように感じた夏の終わりの一日でした。
span>
P8300179_convert_20090901045139.jpgP8300180_convert_20090901045252.jpg
お子様の反応はいかがでしたでしょうか。
今回は、プログラム的にはほとんど何もしていません。
その代わり、子ども一人一人が、深く、自然と、仲間と
かかわれたのではないかと思っております。
こんな体験を継続的にさせてあげたい・・・と思うのですが、
残念ながら9・10月と、冒険くらぶはお休みです。
ぜひご家庭で、そのような体験の機会を持って頂き、
お子様の様子を少し離れて見てあげてください。
きっとお子様の「!」なところを発見できると思いますよ。
お気づきの点等ありましたら、お知らせいただければ嬉しく思います。

              
   どあい冒険くらぶ 隊長   大浜 崇


◎ 9・10月は、活動がお休みとなります。11月の活動でまたお会いしましょう。

2009.8.22 実りの陣(土曜コース)

2009.08.31.21:28

先日は「どあい冒険くらぶ 実りの陣(土曜コース)」にご参加いただき、
ありがとうございました。
心配していた天気も味方してくれ、過ぎ行く『夏』を思い切り楽しみました。
収穫、川遊び、虫捕り、竹筒ごはん・・・。
色々な体験をし、色々な生き物に触れ、いろいろな発見をした一日でした。

P8220315_convert_20090831215434.jpgP8220278_convert_20090831215531.jpg
DSCN1161_convert_20090831215817.jpgDSCN1215_convert_20090831215609.jpg




<実りの陣(土)>ご報告
今回の参加者は15名。 それにお父さん・お母さん数名と、弟妹も数名。
夏のキャンプから参加した子も、全く初めての子もいます。
『モンキチ副隊長』も初参加。 
挨拶の後、『実りの陣』ということで、まずは5月に作った畑を見に行くことにしました。
おっと、「どこが畑だ?」というくらい雑草が生えている! 自分の畑も見つけられません。
そんな中、2・3の畑だけは、きれいに草が抜かれています。
時間を作っては畑の手入れをしに来てくれたんですね。 
他の子も、それでも草をかきわけ、自分の畑を探します。 
「あった!」「トマトがなってる!」 「大根があった!」 「スイカだ!」 歓声があがります。
みんなのジャガイモ畑も、掘ってみたら意外と出てきて、小さいけれど人数分が
収穫できました。 
この収穫はお昼ご飯のおかずにすることにして、川へ移動。 
初めての人もいるので、まずはここがどんな川なのか探検に行くことにしました。
もう何度も来ている子は、自然と足が速くなります。
深さ1メートルほどの滝つぼ、泳げるほどの深み、ターザンブランコ、
そして高さ2メートルほどの滝。
それぞれお気に入りの場所で遊びこみます。
滝ではほぼ全員が「修行」に挑戦しました。
((滝修行につきましては、7月の活動でも同様の感想があります。ブログでご参照下さい。))
基地へ戻る途中では『まこっちゃん副隊長』がヘビをゲット!
みんなで触りまくりながら、「食べる?」 「逃がす?」 と白熱の議論!? 
結局、ヘビ君は生きながらえることになりました。 
おっといけない、お昼の準備! 今日は竹筒でご飯を炊きますよ! 
2人組を作ったら、竹を洗い、米を洗い、水を入れて・・・えっあれっ入りきらない? 
・・・なんてトラブルもありましたが、何とか火にかけることが出来ました。 
しかし、簡単にはごはんは炊けません。
待ちくたびれるみんなを救ったのは『ひさみちゃん副隊長』の旦那さんにして
安曇野を代表する野生児、『ツンジーたかお副隊長』の差し入れてくれた
「モルモット」の肉。 自宅で飼っていたのをさばいて持って来てくれたんです。
初めて食べる「モルモット」。
意外と美味しい。 次々と伸ばされる手。 野生化していく子どもたち!?
りんごも差し入れで頂き、何とか空腹をしのぎました。
そうこうするうちに竹筒ごはんも順々に炊け、「おかゆ」「ごはん」「おこげ」の
三つの味が楽しめる竹筒ご飯を仲良く楽しみました。 
もちろん野菜汁と、みんなで採ったジャガイモその他の野菜も頂きました。 
その食べっぷりに感心しながら、何にでも挑戦し、楽しみ方を増やしていく子どもたちに
『実り』=成長を感じたスタッフ一同なのでした。

お子様の反応はいかがでしたでしょうか。
上記報告以外にも、いろいろな発見・体験がありました。その数だけ感動があり、
成長があったのだと思います。 
報告書では追いつけません。 
お子様からの話にも、もしかしたら充分盛り込まれていないかも知れません。 
言葉で説明できる感動も、説明できない感動もあります。
目に見える成長も、見えない成長もあります。 
言葉だけでなく、表情などから察してあげることも必要かもしれませんね。
お気づきの点等ありましたら、お知らせいただければ嬉しく思います。
              
   どあい冒険くらぶ 隊長   大浜 崇


◎ 9・10月は、活動がお休みとなります。11月の活動でまたお会いしましょう。

2009.7.26  夏休みの陣 報告

2009.08.21.13:14

先日は「どあい冒険くらぶ 夏休みの陣(日曜コース)」にご参加いただき、ありがとうございました。
虫捕り、カニ捕り、川遊び!
夏休みに入った子も、まだ夏休み前の子も、待っていた夏の暑さの中で、思いっきり遊びました。span>

遅くなりましたが・・・
<夏休みの陣(日)>ご報告
「待っていました夏休み!」・・・
と思ったら、まだ夏休みになっていない地区もありました。
ごめんなさい。 
この日の参加者は15名。 去年、たまたま近く(安曇野地球宿)に
宿泊していて活動に参加したM家が、今年も日程を合わせ川崎から
遊びに来てくれました。 
そんな仲間と、集合場所から徒歩2分。 
あっという間についてしまった川原が、今回の遊び場です。 
おっと、侮ってはいけない。 近場で済ませたわけじゃなく、
私の知る限り、こんな面白い川はこの辺では他にない!
と自負しています。
しかも、冒険くらぶ関係者以外では、おそらく来る人もない超穴場。
人目を気にせず、思いっきり楽しめる、というわけです。 
川原に荷物を置いたら、まずは、ここがどんな川か、
みんなで探検に出発。
川に一歩足を踏み入れると、水の冷たさに歓声が上がります。 
深さ1メートル弱の滝つぼ。 波のない、鏡のような浅瀬。 
流れて泳げる深み。
そして、見えてきたのは高さ2メートルほどの滝。 
最初はみんな怖々見ているだけで、誰も滝に入ろうとしません。
 ここはひとつお手本、と『はま隊長』が入り滝に打たれました。
ピシャピシャ水をかけられるのはとても冷たいのに、打たれるほどの滝の
水は、冷たいと思う暇もありません。
それを見た子どもたちも次々と滝修行に身を投じました。
どの子も、ドキドキ・ワクワクしているのが伝わる顔。
それが滝に打たれ、0,5秒で悟りを開き(?)、大歓声とともに逃げ出して(?)
きた時には、満足感溢れる顔に変わっています。 
大それた事をしている訳ではありませんが、この小さな「やってみよう」という
気持ちを持つこと、その小さな勇気と成功体験が子どもに自信を持たせ、
自分の世界を広げる力になるのだと思います。
「川には入らない」と、服のまま来ていた子も興味がわいて、ついには
滝に打たれ、泳ぎ、びしょぬれになって遊んでいました。
ひとしきり遊んだ後は、『まこっちゃん副隊長』を中心にカニ捕りをしたり、
林で虫捕り、ターザンブランコなどをして過ごしました。 
いつの間にか、グループ対抗水かけ合戦も始まり、
一気に仲良くなった子どもたち。
お昼の味噌汁を何杯もおかわりし(最高6杯!)、また川・林へ。 
『えっちゃん副隊長』と作ったワラビもちを食べたら、また川・林へ! 
飽きることなく遊ぶ子どもたち。
『冒険流夏休み遊び倒しの術』これにて完成!


お子様の反応はいかがでしたでしょうか。
川遊び、虫捕り・・・おもちゃや遊具なんかなくても、自然の中で、
夏ならではの楽しみを味わいつくす子どもたち。 
実体験として自然と触れ合うことはとても大切です。
虫が捕れずに悲しがっていた子も、それは実体験。
そこから考えることがあるはずです。
(夏休みに、勇気を持ってもう一歩踏み出したり、観察・工夫を重ねて
 虫捕りに成功した子もいますね!)
お気づきの点等ありましたら、お知らせいただければ嬉しく思います。span>


                 どあい冒険くらぶ 隊長   大浜 崇

2009.6.21  気ままの陣(日曜日コース)報告

2009.06.26.11:10

先日は 「どあい冒険くらぶ 気ままの陣(日曜コース)」 にご参加いただき、
ありがとうございました。
またもや雨の中のスタートとなった日曜日コース。
今回は小屋へ避難せず、改良された屋根の下で頑張りました。
そんなみんなを太陽も応援してくれ、お昼からはのびのびと、
思い思いの時間を満喫しました。


P6210172.jpgP6210128.jpg

<気ままの陣(日)>ご報告


「次回からは、『雨の日コース』って呼ぼうか」なんて冗談も出てくるくらい、
雨続きの日曜日コース。
キャンセルが相次ぐ中、雨にも負けず、9名の子供たちが集まってくれました。
『えっちゃん』副隊長と、心と体の準備体操をした後、まずは気になる畑へ。
出てる、出てる、大きくなってる!  えっない?  
蒔いたものが大きくなっていたり、全然芽が出ていなかったり・・・
たった1㎡の畑に悲喜こもごもの感情が入り乱れていました。
雑草はどの畑にも元気に生えていましたが。
その後、ビニールシートの屋根の下の基地に集まり、みんなで作戦会議。
「今日、何したい?」 出てきた意見に、
「雨の今日、ここでできること、ここでしかできないこと、みんなと出来ること」
を考えてもらい、午前中は探検をしつつ、食材さがしに出ることにしました。
川に架かった一本橋を渡り、森の中でターザンブランコ。
倒木をくぐったり上ったり、浅い川に入って沢登り・・・
そんな中、カニを捕まえたり、フキの葉を見つける子も出てきました。
自然とのかかわり方はそれぞれですが、実体験を重ねることで、着実に
「観察力」 「生きた知識」 「考える力」 「洞察力」「判断力」などが
身に付いて来ていることを感じます。
道中では、全員が食材を見つけることは出来なかったので、
川から上がった所でみんなで食材探しをしました。
「桑の葉」と「葛の葉」を見せ、「これと同じものを探そう!」
みんなの目が輝き、森へ入っていきます。 
「これそう?」探したものを手に手にとって見せてくれました。
これをてんぷらに揚げてもらう間に、みんなは味噌汁作り。
おっと、その前に火おこしだ!
この時には雨は上がり、暑いくらいの日差しが戻ってきていましたが、
山の木々は濡れていたため、マキはこちらで用意。
でも火付けは、マキの組み方から子供たちにやってもらいました。
やや怪しい「知識」を持った子が率先して取り組み、
マッチで火を着けようとしますが・・・そう簡単には着いてくれません。
待てど暮らせど火は着かず、マッチばかりが減っていく・・・
副隊長たちからアドバイスを受けつつ、挑戦すること小一時間。
それでも火は着いてくれません。
午後の予定もあるので、「今日はお手本」として大人が火を着けました。
次は頑張ってね!
今日のお昼はてんぷら付き! 桑と葛、どっちが美味しかったかな?
午後は「秘密基地作り」と「巨大ホットケーキ作り」チームに分かれました。
すでに土曜日、2つの基地を作っている『まこっちゃん』副隊長とともに
秘密基地を作るのは、この日初参加の『しげさん』副隊長。
ホットケーキ作りには忍者の(?)『ニンちゃん』副隊長。
子供たちもそれぞれのチームで頑張ったね!
できたホットケーキを全員で一切れずつ食べたら、全員で秘密基地見学会をしました。
この秘密基地、まだ完成ではないようなので、また続きをいつかしよう! 
ということになっています。
洞合の谷の秘密基地、畑を見がてら、是非のぞきに来て下さい!
P6210167.jpgP6210141.jpgP6210151.jpgP6210130.jpg




お子様の反応はいかがでしたでしょうか。
雨にも負けず冒険を楽しみ、仲間と協力して過ごしたこの1日。
 『気ままの陣』としながらも、「好き勝手」とは違うんだということを
心のどこかで感じてくれていたら・・・
そして普段の生活とも結び付けて考えられたら、こんな嬉しいことはありません。
こんな活動をこれからも重ねていきたいと、改めて思っています。
お気づきの点等ありましたら、お知らせいただければ嬉しく思います。
       

2009.6.13 気ままの陣(土曜コース)

2009.06.18.21:59

先日は「どあい冒険くらぶ 気ままの陣(土曜コース)」にご参加いただき、

ありがとうございました。 
森あそびに川あそび、秘密基地作りと、楽しいことを自分で見つけ、仲間

と工夫しながら遊びこんだ一日。 

冒険あそびが板についてきたなあと感心しています。 

 6土ー16-4.jpg

<気ままの陣(土)>ご報告
今回は、参加者17名と、いつもより少し多め。

初参加の『ふるけん』副隊長でなくても、知らない顔もあって、少しドキドキ?

なスタートでした。

 『えっちゃん』副隊長と、心と体の準備体操をして出発。

 いつもの基地に着く前に、気になる畑へ行ってみました。

「芽が出てる!」「植えたのがない!」歓声、喚声が飛び交います。

「お花、枯れてきちゃった」 「種が出来てるんだよ」そんな会話が聞こえてきます。

「草だらけで、どれが植えたのだか分からない」という声も多く、草取りも始まりました。

たまにしか来られない畑だからこそ、手をかけてあげたい・・・。

そんな思いが伝わってきました。

そういえば、緑の陣の後、休みの日に水撒きに来てくれた子もいたんですよ。ありがとうね。

 基地に着いて、今日の活動の相談。「みんな、何したい?」の問いかけに、

出てくる、出てくる多様な意見。

とても全部はできないので、「今日、ここでしか出来ないこと」「仲間とできること」を基準に

考えてもらい、午前中は探検、ゲーム的なことは午後に、と決まりました。

さっそく探検に出発。 森へ入り、倒木の一本橋渡りからスタート。

このコースが初めての子も上手に渡れました。

2回目の子は、前回よりも自信を持っているように見えましたよ。

 橋を渡り終えると、目の前にはつるが絡まり、木が倒れこむ森。

橋の下には、水量が減って歩きやすそうな川。

後ろの子を待っている間に、自然と二手に分かれて遊びだす子供たち。

ならばと、スタッフもそれぞれに別れ、それぞれの探検を楽しみました。

川チームは沢登り。深みに挑戦したり(はまったり)、カニを捕ったりしました。

森チームはターザンブランコをひとしきり楽しんで、倒木渡りなどをしてあそびました。

合流した後森を抜けると、田んぼとヤギがみんなをお迎え。

4月に生まれた仔ヤギも、ずいぶん大きくなっていたね。

まきを拾いつつ基地に着いたら、お昼用の火おこし。

今回は、まきの組み方から子供にやってもらい、マッチで火つけに挑戦!

でも、やっぱり簡単にはつきません。

火の燃え方を考え、まきの種類と量を調節し、つけ方も工夫して、何度もやっている

うちにいいアイデアも生まれ・・・ついに火がついた! 沸きあがる歓声! やったね!

この火と、みんなの持ってきてくれた野菜で作った「カレー汁」、とっても美味しくて、

2回3回とお代わりした子もいたね。

昼食後は、「公園」 「畑」 「秘密基地作り」 「のんびり」 のコースに分かれて活動。

その後おやつ作り。 今日のメニューは「ぐりとぐら」みたいな、巨大ホットケーキ!

『ひさみちゃん』副隊長を中心にみんなもお手伝いしてくれました。

出来たホットケーキは、『まこっちゃん』副隊長と一緒に子供たちが作った

「秘密基地」で食べました。

秘密基地って、なんかいいよね。 招待してくれてありがとう。 

心も身体もすっきり! 満腹!

6-3.jpg 6-2.jpg

6-5.jpg 6.jpg

お子様の反応はいかがでしたでしょうか。

 『気ままの陣』としながらも、「好き勝手」とは違うんだということを心のどこかで

感じてくれていると思います。

 仲間がいるから、お互い楽しめるように考えたり、仲間から学んだりしたことも

あったと思います。

 こんな活動をこれからも重ねていきたいと、改めて思っています。

 お気づきの点等ありましたら、お知らせいただければ嬉しく思います。  

                          どあい冒険くらぶ 隊長   大浜 崇

2009.5.17 緑の陣(日曜コース)

2009.05.21.00:04

先日は「どあい冒険くらぶ 緑の陣(日曜コース)」にご参加いただき、ありがとうございました。
いったいなぜ? 4月に続き、またもや雨にたたられた日曜コース。 
半分は避難した倉庫内での活動になったけれど、その分、いろいろな話をし、
子供のいろいろな面が見られ、共同作業の楽しさも味わえた「緑の陣・日曜コース
終わってみれば、これで良かった気もしています。

P5170099_convert_20090520233037.jpg」。P5170147_convert_20090520233205.jpg


<緑の陣(日)>ご報告
前夜からの雨は、時間を追うごとに強くなり、「今月こそ、思いっきり野外遊びを!」
と思っていたスタッフの心も湿りがち。キャンセルの電話も何本も入ってきました。
それでも参加してくれた子供は11名。来てくれた子供たちの顔を見ると、こちらも
またやる気がみなぎってきます。
恒例となりつつある『えっちゃん副隊長』のヨガで、身体と心の準備体操をしてから出発。
黒沢洞合自然公園の下に構えた、ビニールシートの屋根がベース基地です。
こんな時こそあわてずに、と、自己紹介をしてから、持って来た種苗を片手に畑へ行きました。
雨の中、手袋をドロだらけにし、「種が手にくっついちゃう~」と言いつつ、わいわいと
自分の畑に植えていきます。 小さな命、元気に育つといいですね。
雨はやむ気配すらなく、服が濡れてしまった子もいるので、『草原の迷路』を通って、
公園前の大浜家の倉庫に避難し、着替えをしました。
絵本を読んだり、『ひでさん副隊長』とさっき植えたものを発表しあって一休み。
そうこうする内にお昼となりました。
その後はおやつ作り。
ここで登場したのが、日本ヨモギ団子研究会・会長の『まこっちゃん副隊長』。
実は『ヨモギ星人』らしいです。
その指導の下、二つのグループに分かれてヨモギ団子作りが始まりました。
『デイ』チームは包丁でヨモギを細かくし、すり鉢でつぶす作業。
最初はこわごわ包丁を使っていた子も、どんどん上手になっていきました。
もう一方の『ヨモギ団子チーム』(そのまんまやんけ!)は、粉を練って団子生地を作る
作業をしました。こぼれた粉をなめてみるとほのかな甘味。期待が膨らみます。
それぞれが出来たところで合体!
ヨモギの水分で、練った団子がべちゃっとして「キャー」と歓声が上がります。
わいわいと遊びながらも、最後は可愛らしい団子が並びました。
『カスケちゃん副隊長』に茹で上がった団子を盛ってもらい、アンコやタレをつけて食べました。
おかわりしたり、お土産にしたり・・・自分が作った団子は、やはり一味違ったようです。
使ったお椀はウエスを使ってきれいにして返しました。
おっと、もう帰る時間。
最後に少しだけ、森遊びの時間を持とうと、寄り道をしながら帰ることにしました。
支度をしたら、二人組を作り、ビニール傘を一本。
途中で芝生の滑り台をしながら公園のヤナギ林へ。
林の中で、傘をさしたまま木を蹴ると・・・「!ジャパ!!」
傘にはねる雨粒の音にみんなびっくり。トトロの気持ちが分かるようです。
何度かアンコールをしていると、木から落ちてきたカエルがくっついて、裏側から観察したり
と思わぬ楽しさがありました。
畑と森の際を歩いて橋のあるところまで来たら、ここからは林の中のミニ探検。
ゴウゴウと流れる川を見ながら、背丈ほどもある草薮をかきわけ、木の枝のトンネルをくぐり、
トゲのあるキイチゴ畑などを抜け、林の中から駐車場へと出てきました。
いつもと違う活動で「子供たちは楽しめたかな?」とヒヤヒヤしていましたが、初めての
雨中での記念写真も元気一杯、笑顔一杯でほっとしています。
P5170173_convert_20090520233312.jpg


お子様の反応はいかがでしたでしょうか。 
雨の中の活動でぬれてしまった子もいましたが、疲れや体調に影響はなかったでしょうか。 
思わぬ楽しさや発見もあった今回ですが、次こそ思いっきり野外あそびができるといいですね!
お気づきの点等ありましたら、お知らせいただければ嬉しく思います。
                 どあい冒険くらぶ 隊長   大浜 崇
FC2カウンター
プロフィール

どあい冒険くらぶ

Author:どあい冒険くらぶ
信州安曇野、三郷小倉にある「黒沢洞合自然公園」周辺を主な拠点として、2008年から活動を続けている、野外活動・環境教育の団体です。
mail:doaibouken@kib.
biglobe.ne.jp
tel:080-5474-0852 大浜

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
http./blog26.fc2.com/control.php?page=1&mode=control&process=upload&sort=dd
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード