2009.3.25 弥生の陣

2009.03.30.13:51

先日は「どあい冒険くらぶ 弥生の陣」にご参加いただき、ありがとうございました。
朝から、決行が危ぶまれるほどの雪に、冒険くらぶのスタッフもおおわらわ。きっと参加してくれた皆様もご心配されたことと思います。また服装等の準備も大変だったでしょう。
雪に始まり、虹で終わった「どあい冒険くらぶ 弥生の陣」。 
野外活動の、そして自然の厳しさ・すばらしさを、大人にも子どもにも教えてくれた一日でしたね。

<弥生の陣>ご報告
市民タイムスにも記事が載り、いよいよ本格的な活動に向けて動き出した「どあい冒険くらぶ」。
しかしその活動を試すかのように朝からざんざんと降り積もっていく雪。
「真冬の陣の時には降らなかったのに・・・」と神様のいたずらに文句を言いつつも、「雪なら雪を楽しもう」と気を取り直すスタッフ。
そんな中、集まってくれた22名の子どもたち。 同行の幼児さんの中にも、やる気満々、リュックとカッパで登場した子もいましたね。 
雪道の散歩を楽しんで黒沢洞合自然公園に着くと、ひとしきり雪遊びをしました。
その後グループ分け。ぼう副隊長の「侍ジャパン」、タキ副隊長&ちほ副隊長の「侍ヤマガ」、まこっちゃん副隊長の「ラッキーセブン」の3つのグループができました。
初めての参加者も多く、人数もたくさんだったので、「全員は覚えられなくても、せめてグループの子の名前は覚えよう」と、簡単なゲームをした後、いよいよ本日のメインイベント、春さがし。
各グループに2枚の紙が渡されました。 1枚目はわたげや木の芽と書かれたビンゴ。もう1枚には、ふきのとうやカンゾウなど、食べられる8種の野草の写真。 みんな紙をのぞき込みながら、目が真剣になっていきます。 そして雪に覆われた公園の周辺をみんなで春さがしに出ました。
「これ○○?」と確認しながら次々にさがしていく子どもたち。 
副隊長からは「少しいただく。全部とりつくさない。根っこごと採らない」など、自然と付き合うための大切な話もありました。 「木の芽も生きてるから、採っちゃかわいそう」と言っていた子もいたそうです。グループごとに成果を発表しあった後、えっちゃん副隊長に収穫物のお料理をお願いしました。
その間にわら、豆がら、小枝を集めて火おこし&味噌汁作り。今回は隊長・副隊長がしたけれど、みんなもいっぱい手伝ってくれたね。
お待ちかねのお昼ごはんは、おにぎり、味噌汁、そしててんぷらなど。おいしかったかな?それともほろ苦さにウェッ!? 
お昼休みは思い思いに過ごしました。池の藻を集めたり、お土産の山菜を採ったり、雪だるまを作ったり・・・。 子どもも大人も、一番なごむ時間ですね。
自由時間を自然の中で堪能した後、みんなで「ドロケイ」(ケイドロ?)をしました。 3回戦目は大人がドロボー、子どもが警察。 どちらも真剣です。特にドロボーは必死。 しかしチームワークの良くなっていった子どもたちに、最後まであがいていたぼう副隊長もついにつかまり、子どもチームの完全勝利で幕を閉じました。 
おやつは焼きマシュマロ。新一年生ながら、毎日火を扱っていた子がおこしてくれた火で(すごい!)最後の甘~い締めくくりをしたのでした。 いつの間にか晴れた空には「虹!」

2009.2.15 真冬の陣 活動報告

2009.02.20.22:58

先日は「どあい冒険くらぶ 真冬の陣」にご参加いただき、ありがとうございました。
早いところでは梅も咲こうという安曇野。冒険くらぶも「真冬の陣」と銘打ったものの、前日に春一番が吹く暖かさ。過ごしやすいのは良いけれど、喜んでばかりはいられませんね。


<真冬の陣>ご報告
「雪がない・・・」。
思いっきり冬遊びを楽しもうと思っていた冒険クラブも、これでは努力のしようもありません。それでも、閉じこもりがちなこの季節に、思いっきり身体を動かしたい!と、冬の運動会をしました。 
この日の集合は公園下の堰堤東。洞合の谷の出発点です。 近くには怪しげな廃棄物。そこかしこにごみも捨てられて、あまりいい気分じゃない。 ってことで、この日の活動は「ごみ拾い」から始まりました。手に手に袋を持ち、がけに登ったり、藪に入ったり、本当に良く拾ってくれました。
公園について一息ついたらまずは火おこし(公園内は火気厳禁。別のところでやりました)。 「何から火をつけていったらいいんだっけ」と子どもに投げかけると、枯れ草や細いまきを集めてくれました。 こんなことを何度か繰り返すうちに、きっと子どもたちだけでも火が扱えるようになるだろうと思っています。
その後、いよいよ運動会となりました。 「たけさん」副隊長率いる「ジャパンチーム」対、「まこっちゃん」副隊長率いる「レゴチーム」での対決です。 メインの「異種リレー」は、長距離、縄跳び、でんぐり返し、後ろ走り、まりつきの各種目から一人ひとつずつ選び、リレーをしました。誰がどれを選ぶかで順位が大きく変わる…?と、種目選びも一生懸命。 これも互いの良いところを見つけ、認める事につながる筈です。 さて、2回戦行った結果は・・・? 勝負の結果はいいんです。勝っても威張らない、負けても腐らない。最後まで一生懸命走った姿がとても素敵でした。 長縄跳びでは何度も挑戦しているうちに跳べるようになった子もいました。
お昼休みはドッヂボールをする子、縄跳びをする子、ケンケンあそび、お絵かき・・・と思い思いに過ごしました。 その後、みんなで「泥棒と警察」の鬼ごっこ。捕まえても捕まえても、泥棒の仲間が助けてしまい(特に副隊長の「カスケちゃん」!)、警察になった人は大変だったね! 
そしておやつはアイスクリーム!材料の入ったボトルを、蹴ったり転がしたり投げたり、ゴロゴロガシャガシャ…恐る恐るふたを開けたたら、ちゃんとアイスになっていました! 2月とは思えない陽気の中、最高のおやつとなりました。 
そして、朝に拾ったごみの山に、「捨てる人でなく、拾う人になろう」と思いつつ、きれいになった洞合の谷を下って行ったのでした。

お子様の反応はいかがでしたでしょうか。きっと家に帰ってから色々とお話をされたことと思います。 「あんなことやった」「こんなことがあった」そんな親子の会話をしていただくことが、冒険クラブの、もうひとつの目的でもあります。どうぞ、じっくりと子供の話に耳を傾けていただけたらと思います。
今回の冒険クラブの活動に関しまして、ご意見、ご苦情、お子様の様子など、どんなことでも結構ですので、お話いただけたらうれしく思います。今後の活動へのご要望もお気軽に!これらの声を参考にさせていただき、子供にとって、親御さんにとって、また地域にとって、よりよい活動を目指したいと思っております。ご協力お願いいたします。

                  どあい冒険くらぶ 隊長   大浜 崇

2009.1.18 新春の陣 活動報告

2009.02.20.22:52

先日は「どあい冒険くらぶ 新春の陣」にご参加いただきまして、ありがとうございました。
今年は雪も少なく、過ごしやすい冬ですね。でもちょっと物足りない?
「地球温暖の候・・・ご自愛下さい」というラヂオのCMじゃありませんが、ちょっと心配です。


<新春の陣>ご報告
 黒沢洞合自然公園の駐車場に集合したのは子供9名、大人7名。
寒い中、山道を登るという、冒険クラブの中でも過酷なコースに挑戦する精鋭(?)たちです。 この日初参加の、副隊長ナンバー4「まこっちゃん」は、すでに子どもと一あそびを終え、投げつけられた雪が勲章のように輝いていました。
9時半過ぎにスタート。先頭を行くのは、前にも歩いて滝まで行った事がある悠登副々隊長と風和副々隊長。他のみんなも元気に続きます。 途中、山の神社に参拝し、その先で一回目の休憩。まだまだ元気。二回目の休憩は「お不動さん」こと、黒沢不動尊社。さすがに疲れが出てきたようで、子犬のようにはしゃいで歩いていた子どもたちから「まだ~?」という声が聞こえてきます。無口になる子、足取りの重い子もいます。 朝配った地図を見ながら「もう少しだよ。頑張ろう。ゆっくりしていると、ラーメン食べる時間がなくなっちゃうかも!?」の声に、奮起する子どもたち。ラーメンってすごい!
滝の手前の駐車場についたのは11時半。ここに荷物を置いて、身軽になって滝に行くことにしました。子どもの表情にもまた元気が出てきました。 そして滝に到着!高~い滝が、上から下まで凍っていましたね。その間を流れ落ちる滝。 しばし呆然とする大人。触りたくてウズウズする子ども。 せまい橋を一人ずつ渡って、滝に触ってくることにしました。凍った滝はしぶきを受けて、ごつごつしていたり、ツララが出来ていたり・・・。ぼう副隊長も大きな氷をゲットしてお土産にしていました。
荷物を置いた駐車場に戻ると、お待ちかねのラーメン! 熱いお湯を注いで3分。ズルズル!美味しそうな音が聞こえます。子どもたちはいい笑顔。 「この一杯のために頑張ったんだ!」という感じです(ビールじゃないですよ)。あっラーメン二杯食べた子もいましたね!
帰り道ではシートのそりも登場し、元気いっぱい、駆けて、滑って、あっという間に公園に戻ってきました。最後はおしるこで締め。体も心もほっかほかになりました!
皆さん、本当に良く頑張ったね!おつかれさま!

お子様の反応はいかがでしたでしょうか。きっと家に帰ってから色々とお話をされたことと思います。 「あんなことやった」「こんなことがあった」そんな親子の会話をしていただくことが、冒険クラブの、もうひとつの目的でもあります。どうぞ、じっくりと子供の話に耳を傾けていただけたらと思います。

今回の冒険クラブの活動に関しまして、ご意見、ご苦情、お子様の様子など、どんなことでも結構ですので、お話いただけたらうれしく思います。今後の活動へのご要望もお気軽に!これらの声を参考にさせていただき、子供にとって、親御さんにとって、また地域にとって、よりよい活動を目指したいと思っております。ご協力お願いいたします。
            
           どあい冒険くらぶ 隊長     大浜 崇

2008.12.28 師走の陣 活動報告

2009.02.20.22:47

先日は「どあい冒険くらぶ 師走の陣」にご参加いただきまして、ありがとうございました。
クリスマス、大晦日、お正月・・・と、楽しいことがたくさんあった冬休みも終わりました。宿題はきちんとできたかな? 例年になく暖かい新年のスタートとなりましたが、これからが冬本番!寒いけど楽しい、信州ならではの遊びが楽しめる季節です。冒険くらぶも、そんな楽しいことをたくさん用意して皆さんをお待ちしています。どうぞ今年もよろしくお願いいたします。


<師走の陣>ご報告
 あいさつの後、この日一番の活動は「火付け」。今日のお昼ごはんのもち米を蒸します。 隊長の「はまちゃん」の指示で、わら、豆がら、細いまき・・・と火をつけていくが・・・燃えない! 「もっと細い小枝がいる!」と、急に目を輝かせて山へ走る子どもたち。細い枯れ枝をたくさん集めてくれました。再挑戦・・・今度はうまく火がつきました。子どもも、ホッ!大人はもっとホッでした。 次は副隊長見習い(?)の「ひろこちゃん」も仲間に入り、二つのチームに分かれて習字をしました。 書初めならぬ、書き納めです。副隊長の「ぼうさん」も負けじと何やら書いていましたね! それを凧のわくに貼ったら、乾くのを待ちつつ一休み。雪で遊ぶ子、特別参加の犬たち(しろべぇ、ぶち、お母さんのリオ)と遊ぶ子、やたらと走りまわる子、それぞれです。
私は、このプログラムの合間の(あそび)の時間が好きです。
そうこうする内にもち米が蒸しあがり、待ってましたのおもちつき!重い杵でペッタンする子、つくよりも返し(合いの手)をやりたがる子。ここでも個性が見られましたね。みんなすごい!  
お昼の後はお散歩。川のツララ、雪の上の動物の足跡、ミシミシいう池の氷。いろんな発見があって、どきどきわくわくのお散歩でした。 ベース基地に戻ったら凧揚げ!足をつけたり、風向きを考えたり・・・そういう工夫する気持ちが本当に素晴らしかったです。すごい!(でも、補助で凧を持って走る子の方が足が速くて、糸を持って走る子に追いつきそうになっていたのには、周りで見ている大人は大笑い!) おかげで凧も思った以上に飛んでくれたね。凧が気持ちよさそうだったよ!  この後、凧は煙となって12月の空に上っていったのでした。 合掌。

お子様の反応はいかがでしたでしょうか。きっと家に帰ってから色々とお話をされたことと思います。 「あんなことやった」「こんなことがあった」そんな親子の会話をしていただくことが、冒険クラブの、もうひとつの目的でもあります。どうぞ、じっくりと子供の話に耳を傾けていただけたらと思います。

今回の冒険クラブの活動に関しまして、ご意見、ご要望、ご苦情、お子様の様子など、どんなことでも結構ですので、お話いただけたらうれしく思います。今後の活動の参考にさせていただき、子供にとって、親御さんにとって、また地域にとって、よりよい活動を目指したいと思っております。ご協力お願いいたします。

                   どあい冒険くらぶ 隊長   大浜 崇

2008.11.30 秋の陣 活動報告

2009.02.20.22:35

いよいよ師走。寒さも一段と厳しくなってきましたが、クリスマス、大晦日そしてお正月を控え、忙しい中にもどこかウキウキしながら、皆様元気にお過ごしのことと思います。
先日は「どあい冒険くらぶ 秋の陣」にご参加いただきまして、ありがとうございました。こちらの不手際で解散時刻が遅れたり、活動中の様子を十分にお伝えできず、失礼いたしました。以下、簡単な報告です。

(秋の陣)報告
集合し、荷物のチェック等を済ませたら森へ出発! 今日の目的は、リースの材料になる「蔓」探し。スタート直後から目の輝く子供たち。「あれとって!」の声に副隊長の「ぼうさん」も大忙し。通常20分の道のりを1時間以上かけて歩いた子供たちが手にしているのは、とてもビニール袋には入りきらないほど大量のつる。中には大きすぎて、持ち上げられずに引きずって歩くほどの「大物」をゲットした子もいました。
本当はこの後、森の中の道なき道を歩いて、川をわたる計画だったのですが、子供たちのあまりに大きい収穫物に、このルートを断念、道路を歩いてベース基地につきました。
基地につくと、「えっちゃん」副隊長と野菜汁を作りつつ、リース製作。最初はちょっと難しかったけど、どんどん上手に作れるようになりました。基地の周辺で飾りになる木の実などを探すのも楽しかったね。 用意した味噌が足らず、ちょっと薄味の味噌汁(これも野外料理の楽しさ?)で昼食の後は、待ってましたのおやつ作り!粉に卵と砂糖を入れて、ドロドロべッチャン! おっと、そこ!なめちゃぁいけないよ! これを竹に巻くようにかけて焼いたら・・・あっ バウムクーヘン!・・・しかし・・・火力が弱い。竹から垂れるタネでさらに火が落ちる・・・おまけに雨も強くなってきた。 荷見パパの案で、急遽ブルーシートの屋根を作り、何とか雨をしのぎつつ・・・ふと時計を見ると解散時間を過ぎていました。ごめんなさい! でも、バウムクーヘン、すっご~~くおいしかったよね? ねっ! ねっ!! ねっ!!?

お子様の反応はいかがでしたでしょうか。きっと家に帰ってから色々とお話をされたことと思います。 「あんなことやった」「こんなことがあった」そんな親子の会話をしていただくことが、冒険クラブの、もうひとつの目的でもあります。どうぞ、じっくりと子供の話に耳を傾けていただけたらと思います。

今回の冒険クラブの活動に関しまして、ご意見、ご要望、ご苦情、お子様の様子など、どんなことでも結構ですので、お話いただけたらうれしく思います。今後の活動の参考にさせていただき、子供にとって、親御さんにとって、また地域にとって、よりよい活動を目指したいと思っております。ご協力お願いいたします。

              どあい冒険くらぶ 隊長     大浜 崇

FC2カウンター
プロフィール

どあい冒険くらぶ

Author:どあい冒険くらぶ
信州安曇野、三郷小倉にある「黒沢洞合自然公園」周辺を主な拠点として、2008年から活動を続けている、野外活動・環境教育の団体です。
mail:doaibouken@kib.
biglobe.ne.jp
tel:080-5474-0852 大浜

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
http./blog26.fc2.com/control.php?page=1&mode=control&process=upload&sort=dd
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード