FC2ブログ

2020.5.23 緑の陣(土) 報告

2020.05.25.21:24

先日は『どあい冒険くらぶ 緑の陣』にご参加いただきまして、
ありがとうございました。
森、池、田んぼ、草原…樹、草、虫、水、土…
命について、仲間との関わりについての学び。
いろんな発見・ふれあいのあった充実の一日でした。

集合 (1280x960)

<緑の陣 2020.5.23>ご報告
学校も始まりつつあり、コロナ禍も出口が見え始めた雰囲気がありますが、
まだまだ油断は禁物。
今回もマスク着用での、ちょっと窮屈な活動になります。
それでもこの日を楽しみにしてくれていた15名の小学生が集合。
初参加の子も2名います。
中学生になった『ちかちゃん』もジュニアリーダーとして来てくれました。
スタッフはすっかりレギュラーとなった『きくちゃん副隊長』と、
どあいに来てから10年=生え抜きの大学生『ももちゃん副隊長』。
今日も楽しくなりそうです。

公園で挨拶をしたら、いつもの基地に移動して朝の会。
今日は日陰でやりましょう。
約束の確認と大人・リーダーの紹介をしました。
ベテランの『こどもリーダー』は3人とも地元・三郷の子ども達。
頼りにしてますよ!
朝 (2) (640x479)朝 (3) (640x480)
さて、今日は最初にヨモギ摘みのお仕事をしてもらいます。
おやつのヨモギ団子に使うから頑張ってね!
基地のすぐ上の田んぼ脇でヨモギ摘み。
先っぽの柔らかい所だけ摘んでね。
茎をきれいに切ると、断面が☆形になってるんだね!
脇の田んぼには、卵から孵ったばかりのオタマジャクシがウヨウヨ!
まだ卵の中でウヨウヨ動いているのもいて、これはちょっとかわいいです。
ヨモギ (1) (640x479)ヨモギ (2) (640x480)
ヨモギ (4) (640x480)ヨモギ (3) (640x479)
さて、次は探検に出発。
最近の探検では公園より下方面へ行くことが多かったのですが、
子どもたちからの意見もあり、今日は上方面へ行くことにしました。
途中でウルシの説明を聴いたり、公園の池で羽化したばかりのトンボを見たり、
ハートの形の桂の葉を見つけたり、四葉のクローバーを探したりと、
寄り道もたくさんしちゃいました。
探検① (1) (640x480)探検① (2) (640x480)
探検① (3) (640x452)探検① (5) (640x479)
さあ、北側の斜面を上って行こう。
ウルシに注意しながらケモノ道を上って行くと、見晴らしの良い所に出ました。
ポッコリ見えるのは、ファインビューの室山です。
傘にできるような大きなフキもありましたね。
ここから西(上方面)へ歩いて行くと舗装された道路に出ます。
車に気を付けて一列で歩こうか。
葉っぱに産み付けられた虫の卵によって変形した『虫こぶ』も面白いね。
大きなダムの見える黒沢橋を越えたら、また山道に戻ります。
森にはクマ捕獲用のワナ(檻式、ワイヤー式)があったり、
キツネの死骸もありました。
ヒノキの植林地の向こうには、王様の椅子のような大きなシダがあったり、
マムシみたいな模様のマムシグサがあったり、
大蛇のようなフジ蔓もありました。
ドキドキ? ワクワク?
森のいろんな様子を見て、「不思議だなあ」 「どうしてこうなるんだろう」
「この後どうなるんだろう」と想像を働かせることができると面白いですね。
探検② (1) (640x479)探検② (2) (640x480)
探検② (3) (640x480)探検② (4) (640x480)
気付くと、川向こうには基地が見えます。
いっぱい歩いて疲れた人もいれば、森でのドキドキに疲れた人もいるようです。
川を渡って基地周辺での自由時間にしましょう。
明るい広場=基地に戻るとホッとするね。

木登りをしたり、花輪を作ったり、田んぼの生き物を探したり。
思い思いの自由時間です。
水路の水をあふれさせ、あふれた水をパイプや竹樋で受け…
面白いことが始まっていますね。
パイプを継ぎ足し、ドンドン長くなって、遠くまで水を導いています。
こぼれる量が多いので、継ぎ目を石で囲ったり草を詰めたり…。
いいねえ。そういう工夫が大事だよ。
午前自由 (1) (640x480)午前自由 (2) (640x480)
午前自由 (3) (640x480)午前自由 (4) (640x480)
おっと、もうお昼になっちゃう。
一度中断して、続きはお昼の後にしましょう。
今日もおにぎり持参です。
日向で食べたり日陰で食べたり、ツリーハウスや樹の上で食べる人も。
オムスビコロリンしないでね!?
おにぎりを食べながらのお話では、
「算数が得意な人?」 「歴史が得意な人?」 「楽器ができる人?」
等の質問コーナーが盛り上がりました。
中にはチェロとか三味線が弾ける人もいてビックリ!
お昼 (1) (640x448)お昼 (4) (640x480)
お昼 (2) (640x480)お昼 (3) (640x480)
お昼の後も自由時間。
さっきの水路あそびが更に進化しています。
サイフォンの原理を使って大量の水を引き出し、
L字継手を使って噴水が作られました。
もう、全身びしょ濡れの子も。
流れた水は余っている畑に流れ、まるで田んぼ状態。
そこをグチャグチャ歩くのも楽しい!?
靴が脱げちゃって、はだしで歩いちゃった子も…
カオス状態ですが、子どもたちはとっても楽しそう!
そんな遊びを通して、いつの間にか協力し、仲良くなっている子ども達。
ああ、これがあるべき姿だね。
水路 (4) (640x480)水路 (1) (640x480)
水路 (2) (640x479)水路 (3) (640x462)
1時間以上もそんな遊びを楽しんだのですが、そろそろおしまい。
みんなで片づけをしましょう。
コラ、自分だけ手を洗って知らんぷりしないよ。
みんなで片付けてから!

最後に全員で遊ぶ時間を…という事で、先ずは『綱引きごっこ』を紹介。
力だけじゃなく、駆け引きが大事ですよ。
上手になると、小学生でも大人を負かすことができます。
その後、『音楽会ごっこ』と『何でもバスケット』も楽しみ、
最後に『えっちゃん大明神』が作ってくれたヨモギ団子を頂きました。
ちょっと苦いけれど、栄養もあって、体をきれいにしてくれるんだよ。
あそび (1) (640x479)あそび (3) (640x480)
あそび (4) (640x480)あそび (7) (640x480)
おやつ (2)おやつ (1)
今日もいろんな発見があり、学び・気付き・驚きがあり、
仲間との関わりがありました。
そしてもちろん、たくさんの笑顔がありました!

お子様の反応はいかがでしたでしょうか。 
きっと家に帰ってから色々とお話をされたことと思います。
「あんなことやった」「こんなことがあった」
そんな親子の会話をしていただくことが、冒険くらぶの、もうひとつの目的でもあります。
どうぞ、じっくりと子どもの話に耳を傾けていただけたらと思います。


        どあい冒険くらぶ 隊長    大浜 崇

2020.5.17 緑の陣(日) 報告

2020.05.20.09:44

先日は『どあい冒険くらぶ 緑の陣』にご参加いただきまして、
ありがとうございました。
4月に続き、森あそびを堪能! 
かなり過酷な探検も!?
それでも元気な子ども達。 
どあいの谷には、子どもの笑顔と笑い声が似合います。

集合 (1280x960)

<緑の陣 2020.5.17>ご報告
コロナ禍の中でも活動を続けている冒険くらぶ。
学校も始まりつつあるとはいえ、まだまだ油断は禁物、という事で、
この日もマスクをつけての、少し窮屈な活動となりました。
例年ならできるアンナ事やコンナ事はできないけれど、
それでも楽しいことを見つけよう!

この日は初参加の子を含め、20名の小学生が来てくれました。
同行参加のお母さん、お父さん1名ずつと幼児さん1名も。
そして中学生のSちゃんもジュニアリーダーとして来てくれました。
スタッフは、毎日子どもと関わっている『あかねちゃん』、
地球宿スタッフになった『きくちゃん』、
鋭い観察眼を持つ『みっこさん』 の3女王!?

公園で挨拶をしたらいつもの基地へ移動して朝の会をします。
約束の確認と大人、リーダーの紹介をして、今日の流れを説明。
子ヤギちゃんたちが邪魔しちゃうけど、ちゃんと聞けたかな?
朝 (1) (640x480)朝 (2) (640x480)
ハマの話が長かったので、ちょっと休憩。
10分だけ、トイレに行ったりする時間を取りました。
ちょっとなら遊んでいいよ、と言うと、早速遊びだす子ども達。
ブランコに乗ったり、木登りをしたり、ン? それはシーソーですか…?
休憩 (2) (480x640)休憩 (1) (480x640)
さあ、先ずはヨモギ摘みのお仕事から。
ヨモギの葉っぱの、先っぽの柔らかい所だけを摘みます。
1年生は10コ、2年生は20コ…6年生は60コお願いね!
どれがヨモギか分かるかな?
頑張って20コ採ってくれた1年生もいましたが、
3コ採っただけで飽きてしまった3年生も…。
ヨモギ (3) (640x480)ヨモギ (2) (640x480)
ヨモギ (4) (640x480)ヨモギ (1) (640x480)
次は探検に行きましょう。
トイレに寄ったり、ウルシの説明を受けつつ、森へと入って行きます。
最初の難関は川に架かった一本橋。
スイスイ渡るベテランもいれば、ドキドキが伝わってくるような子もいます。
恐怖、緊張、逡巡、葛藤…そして克服、達成感。
自信というのは、こういう積み重ねで作られていくんですよね。
去年よりも上手に渡れた子、先月より上手に渡れた子もいました。
探検① (1) (640x480)探検① (2) (640x480)
一本橋 (2) (640x480)一本橋 (1) (640x480)
さて、先月はここから下流方面を探検したので、今日は上流に行きましょう。
面白い形の葉っぱ、絡みつくツル、ウワバミソウ、ワサビ…。
いろんな発見があります。
ハチミツを舐める為にクマが掘ったミツバチの巣跡も見ました。
倒木を乗り越えたりくぐったり…探検隊ぽいね!
しかし、第2の難関が…。
上流に向かい、左に崖、右に川を見ながら進んでいるのですが、
この先、川の浸食により平坦地がなくなり、10m以上の高さの
崖際を歩かなければなりません。
落ちたら…怖いね。
という事で、その手前のユルイ崖を登り、迂回することにしました。
ユルイと言っても崖。 坂道ではありません。
はいつくばって、何とか登ります。
上手に登れない子にアドバイスしたり、手を貸してあげる子もいました。
探検② (2) (640x480)探検② (1) (480x640)
探検② (3) (480x640)探検② (4) (640x480)
登り切って崖の上に出ると、そこはリンゴ畑。
青い空と平らな道にホッとします。
頑張ったね!

さあ、少し先の所から、また崖を下って森に…
と伝えると『反乱』が起きました。
「崖はもうイヤだ」
「もう、森は遊んだからいい」
「せっかく道路に出たんだから、このまま道路で帰りたい」。
どれもマットウな意見ですが、それに反対する意見も。
「探検、楽しい」
「せっかくだから、崖下りもしたい」。
よし、ここは民主的に行きますか。
でも、多数決はしません。
『ブタゴロシ』と呼ばれる勝ち抜きジャンケンをします。
少数意見でも勝ち残ったらみんな文句を言わずに従いますよ。
快進撃、驚異の粘り…と盛り上がるジャンケン大会の結果、
今日は道路を歩いて帰ることになりました。

そう言えば、ここは松本市。
いつの間にか市境を越えていました。
帰り道でも市境を行ったり来たり、跨いだり。
「今日、10回も松本に行ってきた」なんて言う子も。
探検③ (2) (640x480)探検③ (1) (640x480)
基地に着いたら、手を洗ってお昼にしましょう。
今日もおにぎり持参です。
日陰で食べる人、ツリーハウスで食べる人、川端で食べる人とそれぞれです。
自分でおにぎりを握ってきた人もいました。
できることが増えてますね!
お昼 (1) (640x480)お昼 (4) (640x480)
お昼 (2) (640x480)お昼 (3) (640x480)
食後は自由時間。
木登り、ブランコの他、水路で遊んだり、川で魚やサワガニを探したり…。
シロツメクサで花輪を編んだり、四葉のクローバーを見つける人もいましたね。
もっと探検をしたいという人は、今日は犬のシロベェを連れて
見晴らしの良いルートへ行くことにしました。
交替で綱を持ちながら、北側斜面を登ると安曇平が見渡せます。
『ケツダシ山』に、丁度電柱が重なって…何に見えたかな?
自由① (3) (640x480)自由① (1) (640x480)
自由① (4) (640x480)自由② (2) (480x640)
自由② (3) (640x480)自由② (4) (640x480)
基地に戻ったらおやつ。
みんなが摘んでくれたヨモギを使って、
『えっちゃん大明神』がヨモギ団子を作ってくれました。
白い団子と緑のヨモギ団子の対比がきれいだね。
おやつ (4) (640x480)おやつ (1) (480x640)
さあ、最後にみんなで一遊び。
またまたブタゴロシによって、今日は『ドロケイ』をすることになりました。
公園に移動してドロボウとケイサツの鬼ごっこスタート!
逃げるドロボウ、追いかける警察!
どちらも一生懸命です。
挟み撃ちでつかまえたと思ったら、ドロボウが仲間を助け出し…白熱!
マスクを外し、人のいない方へ向かってハアハアする人もいました。
たまには思い切り体を動かさないとね。
ドロケイ (1) (640x480)ドロケイ (2) (640x480)
今日一日、いろんな体の動きがあり、いろんな心の動きもありました。
自分の力で、或いは仲間の手助けを得ながら、困難を一歩ずつ乗り越えた事は、
また次の一歩を踏み出す原動力になるでしょう!
頑張る姿がカッコイイよ!
5-17 (234) (1280x960) (640x480)5-17 (357) (1280x960) (640x480)
5-17 (258) (1280x960) (491x640)5-17 (256) (1280x958) (540x640)5-17 (347) (960x1280) (480x640)

お子様の反応はいかがでしたでしょうか。 
きっと家に帰ってから色々とお話をされたことと思います。
「あんなことやった」「こんなことがあった」
そんな親子の会話をしていただくことが、冒険くらぶの、もうひとつの目的でもあります。
どうぞ、じっくりと子どもの話に耳を傾けていただけたらと思います。


        どあい冒険くらぶ 隊長    大浜 崇
FC2カウンター
プロフィール

どあい冒険くらぶ

Author:どあい冒険くらぶ
信州安曇野、三郷小倉にある「黒沢洞合自然公園」周辺を主な拠点として、2008年から活動を続けている、野外活動・環境教育の団体です。
mail:doaibouken@kib.
biglobe.ne.jp
tel:080-5474-0852 大浜 崇

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
http./blog26.fc2.com/control.php?page=1&mode=control&process=upload&sort=dd
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード